命式に、印綬と傷官の透干がある時は?

命式に食傷や印星の、二つの才能の星が透干して

いる場合、人は人生の途上で迷いが生じて来ることが

よくあり。その場合は、命式中の喜の干の通変星の意味

での、素質を選ぶ事を勧めるよう 二人の先生には

教わっています。この方は平岡滴宝先生が、鑑定して

います。滴宝先生による 子平廣論に掲載されたもの

ですが、この方のその後を追尾可能な私が検証して

本文となっています。 子平学・四柱推命・運命学

 

 < 命式 >

時 日 月 年    女性 逆行3年運

財   印 傷    丁1干 戌1支 (2)

庚キ丁イ甲イ戊キ   甲1干 卯1支 (2)

子イ卯イ子イ戌キ   戊1干 戌1支 (2)

癸 乙 癸イ戊    庚1干 戌1支 (2)

日干・印綬4 対 傷官・正財4 (格名 内格・印綬

 

< 命式の喜・忌の付け方 >

平均が取れて喜忌が付けにくい命式

月干甲は、年干戊を尅し 甲>戊

日干丁は、時間庚を制し 丁>庚

月干甲は、日干丁を強め 丁>甲

年干戊は時間庚と還流で 戊は庚を生じ 戊<庚

よって命中一番強い干は、日干丁 次は甲(印綬)

戊庚と続く。内格はAグループ(日干を強める日干比劫敗印)と、

Bグループ(日干を弱める食傷財官)のバランスを重視する格で

強いグループを忌の干とし 弱いグループの干を喜とする。

よってこの命式の場合、Aグループの丁甲(日干・印綬)が

強く忌の干、Bグループ戊庚(傷官・正財)が喜の干となる。

平均が大きく崩れる時は忌運とする。平均が取れている

命式の場合は、喜忌逆転現象に要注意

 

< 地支の喜忌の決め方 >

卯は、忌の甲に通根で忌 戌は、丁戊庚に通根し、その内

2干の喜の干と、1干の忌の干に通根して喜の地支とした。

子は閑支だが、壬(正官)運が巡れば日干丁と強化の干合で3倍

その上に月令が陰干(癸) 同気の月令陰干で干が陽干なら

3倍となる、3×3+子の2支=11 傷財官は15 日干印は4

で喜忌逆転し命式は大きく変動し忌運 それを手助けしている

命中の子は忌の地支である。

大運では、命式の喜の干を強める時は喜 反対は忌 

命式の忌の干を強める時は喜 反対は忌となる。

喜忌両方の干を強める場合 基本現状維持で△。 

 

< 大運 >

忌 忌 喜 喜 喜 喜 忌 忌 忌 忌

3 13 23 33 43 53 63 73 83 93

癸 壬 辛 庚 己 戊 丁 丙 乙 甲

殺 官 才 財 食 傷 比 劫 倒 印

亥 戌 酉 申 未 午 巳 辰 卯 寅

忌 喜 喜 喜 忌 喜 ▲ 忌 忌 忌

 

(命式)      < 大運では >

時 日 月 年   3歳癸運は 命中のキ(喜)の戊を合去

庚キ丁イ甲イ戊キ  し忌運。8歳亥運は忌の甲に通根忌運。

子イ卯イ子イ戌   13歳壬運は、上記の通り幼い頃より

    癸ィ    父親の仕事の関係上転勤多く、友達関係

や勉強に苦労をした「しんどかった」と、成績はプライドに

比べて悪く悔しい思いをした。

ひどい腎盂腎炎にかかり 学校に行けなかった事もあった。

18歳から戌運は 日支忌の卯と冲で喜運、音大に入学

皮肉にも親元を離れ始めて生活の安定を手に入れる事ができた。

母親はピアノ教師又 親戚は音楽家が多く慣れ親しんだ

道で音大にも苦労無く合格 この道しか選択肢が無かった。

音大OBに頼まれ音楽学園の手伝いをする。

音大に行きながら仕事だった。

人気のピアノ教師となる、生徒が数倍に増えていった。

音大OBの音楽学園長と学生結婚 教師以外にも伴奏などの

声が掛かり大忙しの時期であった。伴侶は学園以外の仕事を

する事を嫌がり 何時しか足かせに思えてきた。そこで 

相談を知り合いの私に持ちかけた。平岡滴宝先生を紹介した

滴宝先生は「教師ではなく ピアニストとしての

道がふさわしい」と説明したらしい。弾く仕事が次から次と

依頼があり教師の仕事はおろそかに・・自身もピアニスト

の仕事が好きだと気付き 教師の仕事は一切断る道を選んだ。

彼女は自身の代わりに、後輩で伴侶に好意を寄せていた

女性を伴侶の傍で手伝わせた。夫婦の仲は自然と冷め 

伴侶の気持ちは、後輩へと向い彼女の思惑通りであった。

(印が日干を強める干関係の 策略)

23歳からの辛(偏財)運、やっと念願の離婚が成立 音大の助手

もしていたが、それも辞め弾く仕事にかけた。年に数回の

コンサートをこなし 伴奏の仕事も順調だった。ヨーロッパ

からもオペラの練習の伴奏の依頼や、日本でも劇団

の伴奏の依頼があり、仕事には事欠かなくなって

現在へと続いている。(18歳より現在に至るまで、ほぼ

喜運続き)

彼女の伴奏は魅力的!歌手に合わせ程良く音量をあわせ。

合間のピアノ独奏の場面では、ピアノを際立たせるその

テクニックは聞き手に取っては、たまらく良いひと時である。

独奏のコンサートでは、気分がひどく優れない時などは

それを隠せず 音楽に乗り切れない事もある。

(忌の丁(日干)の激しさや甲のプラドの強さが、

感性(戊の傷官)の邪魔をする。短所を押さえ切れない。

滴宝先生からは それを強く指摘を受けているが

自身は「どうしてもね!」と苦笑!)

今年は60歳 大運は58歳からの午運、

命中忌の子を支合し喜運で62歳までは 問題はない。

63歳からの丁運は 忌の比肩運で年齢など考慮し

腕の良いライバルが現われ仕事を取られるなど。

68歳の巳運は 忌の丁と喜の庚に通根 庚の方が

弱められる関係で、庚(正財)財の減少(報酬減少)など。

73歳の丙運、日干丁は丙によって隠蔽 自身が目立たなく

なる象意で 仕事への気力減で仕事を辞める時期となる。

73歳の辰運は、年支の戌と冲で忌運、60歳以上での

年柱の変動は、あまり心配ないとされるが 忌運続き

の合間のその関係は、やはり気力の取り戻しは

不可能と観た。

83歳の乙運は、時間の庚を合去で忌運

大運の壬運に継ぐ悪い時期だが 壬運は年齢も若く

乗り切れるが、乙運は年齢を考慮すれば生命に

係わる時期となる。その後は忌運続きで 間違えば

経済的にも苦しい状況となる。

 

< 性格 > 平岡滴宝著 子平廣論より

日干丁の情熱を甲のプライドが生じ、やや激しく時に

ヒステリック。戊の傷官は印(甲)に制され、恥をかかぬように

体裁を気にするデリケートな所がある。

丁が庚(正財・目下)を制し、自分との一体感を望む姿勢が

あり、指導力に優れている。滴宝先生「甲の印が0支で

あったら感性がもっと引き出されたのに。」

 

和珞「甲が0支であれば 喜と忌が違い 大運の

喜忌にも違いが生じ この様に仕事には恵まれず

プライドはひどく傷つく結果となったでしょう。

なかなか人生と子平学とはマッチしにくく

子平学は、人生の複雑性を教えてくれています。」

 

子峰院 推命士和珞の鑑定例 No19  2019/2/11

 

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1