内格、忌の印星格 大運喜忌運をつける。

この命式は、平岡滴宝著 子平学 四柱推命法深書より

十天干体象の章 戊と戊の関係で、戊が強く金が1干0支

と弱ければ、埋金になるとあります。

時干に丙申の命式(内格・偏印格)と大運喜忌と性格の比較を

したかったのですが、この命式は忌の印星格 大運

を丁寧に取る必要があり 比較は出来ませんでした。

偏印格は、次回のブログで 簡単にしたいと思います。

子平学 四柱推命 運命学 

 

< 命式 >

時 日 月 年   男性順行 5年運

殺   倒 倒   月支午と日支子は 冲

丙 庚 戊 戊   庚1干 0支  (1)

子 子 午 辰   戊2干 辰1支 (3)

         丙1干 0支(月令三倍) (3)

 

日干・偏印4 対 偏官3 は内格ですが、

平岡滴宝著 子平学・四柱推命法深書

用神法  内格扶抑法の項より

内格 忌の印星格とは、内格で日干が1干0支の

ように弱く、印綬又は偏印が2干2支などと強い

ものをいいます。

 

< 格名の付け方 >

日干庚は1干0支と弱く、戊は2干1支ですが、庚は埋金

となって 戊は丙に育成され強く3以上。

側干の月令で強められた丙三倍以上に制された庚は

戊の4分の1以下程で 内格、忌の印星格である。

内格、忌の印星格の喜忌の付け方は、基本 印星を強める干で

印星(偏印・印綬)と官星(偏官・正官)が忌の干となり

その他の干は喜の干となる。では、この命式ではどうなるか?

 

< 大運 >

5 15 25 35 45 55 65 75 85 95

忌 忌 忌 喜 忌 喜 喜 忌 忌 忌

己 庚 辛 壬 丁 甲 乙 丙 丁 戊

印 比 敗 食 傷 才 財 殺 官 倒

未 申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯 辰

忌 忌 喜 喜 喜 喜 忌 忌 喜 忌

 

この命式の場合 日干庚が強まる時や戊が弱まる時は

普通の内格となり、喜忌の取り方は普通の内格の取り方

となる。

(大運は その歳から5年間です。)

5歳己運、忌の印を強め忌運 

10歳未運、子午の解冲解合で未と午は丙に通根

丙は2プラスで忌運 日干庚は一層の身弱傾向。

15歳庚運、比肩、日干を1強め普通の内格。

日干印5 対 偏官3 A(日干印)が強く庚は忌運

日干庚は埋金では無くなり 辰を根に持つ戊はよく金を生じる

しかし 丙の偏官はかなり強く 2干0支の庚は制されまま

身弱傾向は続き、そう言った意味での忌運となる傾向。丙に従順

20歳申運 庚運と数字的には同じ事が言えるが 

申は庚を庚らしくする地支、庚運より丙の制からの対処が

しっかりして、反発心が出る。忌運

25歳辛運、丙を合去 日干印4だけに格名は外格弱従強に

変格となり忌運 自分を可愛がってくれる身内や上司に知恵を使い

守って貰うなど、忌運でもあり依頼心ばかりが目立ちあまり

上手くいかず。(忌の知恵・依頼心)

30歳酉運、年支辰と支合で普通の内格で観る 

A(日干印)は3 対 丙3と平均が取れ喜運。辰が無作用

戊は庚をあまり生じず、丙は三倍以上庚戊が喜 丙は忌となる

(行運の観方、特に年運を観る時の参考)喜運だが身弱傾向。

35歳壬(食神)運、忌の印星格のままで喜運

壬に辰が1干1支の強さで戊を制し 壬は戊と辰の関係で

汚水で庚を洗う象意。ずるさが出るが、喜運 日干も弱く

あまり気にならず。身弱傾向に変わりなし。

40歳戌運 年支辰と冲 30歳酉運とほぼ同じ喜運

※辰は忌の地支であっても 健康面や柔軟性での意味では

良く働き無作用にする運では、年運を観る必要あり。

45歳癸運 月令は丁 年干戊と変化・化火の干合 年干戊は丙に

癸は丁に 丙(偏官)丁(正官)となり 庚戊は2干1支(3)

丙2干(月令)3倍=6 丁1干1,5倍 トータル(7,5)

日干印が喜となり 丙丁は忌となる 命式は大きく変動して忌運

戊(偏印)が弱まり身弱傾向はより強まる。精神的には相当に弱まる。

50歳亥運 亥は閑支 行運では木水(食傷財)気に通根し喜運

55歳甲(偏財)運 辰が通根し丙に逆生を受け元気な甲は

忌の戊を尅し 仕事で忙しく稼げる時期となる。喜運

60歳子運 子は閑支 行運では水気(財)に通根し喜運

65歳乙運 乙(正財)は日干庚と絆神の干合3倍の強さとなる。

忌の印星格のままで 3倍辰1支で忌の戊を尅し喜運

苦労の結果が報われる時。

喜財はそこそこに大きいが 次の大運丑は忌運 

5年で使いきってしまう程の財。

70歳丑運 丑は子午の支合を解冲解合 丑は庚と戊に 

午は丙に通根し 庚戊(6) 対 丙(4) 普通の内格となり

庚戊が忌 丙が喜 丑は庚戊に通根で忌運

75歳丙 85歳丁 95戊は 忌の印星格のままで忌運

丙丁は尅が強まる 戊は埋金の強まり身弱傾向を合わせ

気力と体力の衰え 寿命から寿限へ。

80歳の寅は丙に通根で忌運

90歳の卯運 喜の甲乙(財)に通根 忌の戊を弱める

(喜運ですが)と同時に、年齢的に日干庚の気力(やる気の喪失)

を削ぐ傾向となる。

95歳辰運 忌の戊を強め忌運。

 

< 性格など >

大運の結果を出し 観えてくる性格がある。どんな

大運でも 日干庚は側干丙に太刀打ちできず身弱傾向で、

自分の意思を表現できない大人しい人。丙戊は賢さを出したいが

表面に出せず「私の方が賢いのに」とそう言う意味での

不満を抱えている。内心は賢さでの負けず嫌いでプライドが高く 

又天干に2干の偏印は知識面でのライバルがいたり、

忌の干であっても知識を生かした仕事に就く可能性は高い。

庚の身弱 強い戊忌の偏印や丙忌の偏官の関係は、

意志薄弱で馬鹿にされる、利用される阻害される、騙されるである。

 

< アドバイスは? >

身弱であっても、印星が透干で引きこもりなどはしない

自身の居易い居場所を探し転々とする傾向はあるが。

それを 止めてはいけない それは良し!

心配な象意は 他人に騙される事で それを回避するには

辰に根を持つ戊の偏印 たとえ忌の干であっても

柔軟な応用力があり他人を見極める

力を充分に持ち合わせた人、人の口車に 即 対応する

のではなく、ゆっくりと見極めての対処が寛容。

 

子峰院 推命士・和珞の鑑定例 No 21 2018/02/18 

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1