子平学、四柱推命は、応用物理学!

ダイエット・ジム業界の成功者 テレビ番組にて

生い立ちや経歴を知り 興味が湧いての推命となりました。

時間推定です。そして、この命式を観察しながら

出る言葉は「いいじゃん!いいじゃん!」しかありません

でした。期待を込めて大運を取れば 以下の如く

どんな方にも、人生には山あり谷ありです。

 

< 命式 時干推定  男性 >

時 日 月 年    壬癸2干 辰亥2支(4)

劫   財 官    丙1干 午戌2支(3)

壬キ癸キ丙ィ戊ィ   戊1干(令) 辰戌2支(4)

戌ィ亥キ辰△午ィ   日干劫4 対 財官7

癸 壬 戊イ丁    格名 内格正財

 

ツィータでは、格名は命中一番強い戊の正官で取ったが

観ていけば 財欲が勝り丙の正財を格名にした。

格名は日干の側干で取る方が その人の価値感や

生きる目標がよく理解できる。

 

< 大運の喜忌の取り方 >

内格財官で基本、Bグループが強く忌(甲乙丙丁戊己)

        Aグループが弱く喜(庚辛壬癸)

ですが辛運は丙を合去 戊が日干癸の側干となり

強化の干合戊は3倍と月令は戊で2倍の6プラスで

戊は4+6=10 日干劫4 対 正官10となり忌運

甲運は戊と傷官見官で 甲は戊より弱く喜運

甲は忌の戊を1干辰亥2支 3の強さで尅している。

(象意は、目上の人に対する対応が上手になるなどですが

この方の場合 年齢は72歳で忌の地位を重視せず 

甲の食神 サービス精神を生かし地域に貢献など)

乙は?乙は壬水との関係で浮草の象意で忌運。

癸運は 年干忌の戊官を合去 日干劫4 対 財3

で喜忌変遷で忌運 象意は、忌の地位を合去で地位向上

の為の出費(忌の丙財) よって運での喜忌はこうなる 

忌の干は 乙丙丁戊己辛癸

喜の干は 壬庚甲

 

 < 命式は >

日干癸は地支亥と辰を還流 側干の壬を強めている。

(反対に壬(地上の水は)癸を強める事はない。)

丙(太陽)は、1干2支生まれ月は四月の後半の強い丙である。

丙は壬を照らし、壬は水蒸気となり天に昇り雨雲となり

癸を強め、強い雨となって壬(元享利貞の時柱は最終地点)

を強めている。

この命式の場合戊は戌辰と月令に強められた高い山には 

湿気が充分にあり本人(癸)の邪魔はしない

山(戊)と太陽(丙)と雨雲(癸)は、高い場所にあり壬(最終目的)

を見ている為 目的は一つで迷いが生じにくく一途

日干癸と側干丙財と強さの関係は財思考が強い。

癸と戊の強さの関係は、言行に注意深く礼節をわきまえた人。

癸と壬の関係は 物事は始めからはっきりさせる人で、

日干癸は、湿気、雨雲、雨と変化 壬の応用性

辰の柔軟さを持ち合わせ 財思考は強く実業家として

社会のブームに敏感で思いつきの人。

壬癸の強さは、押しの強さとして性格に出る。

時干の壬(海)は癸より強く、財思考と共に夢は途方もなく

でっかく、日干癸は活動的、行動的で身体も頭も

よく働き じっとしている事の嫌いな人。

この方の生きる目的は、財で大物になる事で

事業で成功を収め、経済的に裕福になる事である。

 

< 人間関係は? > 

この命式は 人間関係の良さが引き立っている。

全ての人達が協力的である。特に伴侶に当たる

日支亥の蔵干壬は力強い協力者である。

月干の社会環境の丙も忌の干ではあるが、上記の通り。

年干戊も 上記の通り 唯一年支(母親)の午の蔵干は丁で

日干癸との相性は悪いが、午は丙に通根して良い役目の

丙を強め 決して本人の夢の邪魔をする人ではない。

 

< 大運 >

2 12 22 32 42 52 62 72 82 92

忌 忌 忌 喜 忌 喜 忌 喜 忌 忌

丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙

才 官 殺 印 倒 劫 比 傷 食 財

巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑 寅

忌 忌 喜 喜 △ △ 喜 喜 △ 忌

 

< 大運の流れ >

幼少から青年期は忌運続き 忌の官星を強めたり

喜の比劫を弱めたりの時期で ヤンチャだったり

希望を見失ったり 反発して成績を落したりの時期と

推察 元享利貞は幼少より忌でありながら将来に気持ちは

むいており 反骨精神で乗り切り夢に向かってまっしぐら

財思考強く、成績を上げて有名大学の商業学部へと

大学生活経験すれば、学識より実践を選び大学を中退 

PC教材販売の会社を設立 利が薄くしんどい時期

その時期には 次の仕事を思いつき実践的経歴を身に

つけ遇資金を貯め 現在の会社を設立 27歳からの

未運は、年支忌の午と支合で喜運 若い頃の忌の年支を

無作用にする時は かなり良い調候が出る。この方の

場合も大成功を収めた時期だった。

今年は40歳の年齢 大運は喜の申運 しかし年運は戊戌・・

42歳からは、辛は丙を合去忌運となり上記の通りで 

要注意の時期となりそうです。

この方の人生で一番良い時期は 52歳からの壬運

水を強める亥運。子運は命中の午を冲 75歳からの

年支との冲は ほとんど効果が無いと言われています。

どうも波乱万丈の人生と推察しました。晩年82歳以降

普通の方となられ 時に人からは過去の功績を

懐かしがられる事も・・

あくまでも 生時は推定時間で勉強をさせて頂きました。

 

 

(子峰院 推命士・和珞の鑑定例 NO 23 2018/02/28 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート