この命式を、見極められなかった。

  ( 子平学・四柱推命・運命学 )

この方はお母様から、将来についての相談でした。又 恥かしい話ですが、

この時期の私は、この命式を見極める事ができなかった。

そんな私に、お母様は事細かに貴重な時間をさいてこの方の状況を教えてくれました。

その上で今後の話合いとなりました。小中学校は普通校で過ごし

その後は精神障害者(自閉症)として施設に入る事となった彼は、

お母様からの話では「行動が突飛」と 今年38歳で頑張っております。

 

 < 命式 男性 >

時 日 月 年   卯戌―支合

敗   敗 食   戊癸3干未1支 (4)

己ィ戊ィ己ィ庚キ   庚1干申1支 (2)

未ィ戌 卯 申キ   日干敗4 対 食2

己 戊 乙キ 庚    内格(内格・食神)

 

< 命式は >

日干山両側に裾野「かっこ良いね」おそらく、第一印象は落ち付いた人、

すぐにそのイメージは崩される事になる。

戊己は未(乙丁己)通根で忌の燥土(言葉による表現や判断力そして応用力の乏しさ 

覇気(はき)のなさ)。

庚(食神)は申(庚壬)の通根で湿金 側干己土は砂で湿金庚は

汚金となり(湿金は土をくっつけやすい)。

忌の庚(食神)申の出方、行動性は質の悪さとなる。

戊己は、干関係上庚を生じ強め、戊と庚を制する干関係が全く無く自制心の乏しさ、 

戊己は水気が無く柔軟性にかける、又、庚汚金の行動性は、庚は戊己に生じられ、

際限が無く見境の無い(大鉈での)行動性で人に迷惑をかける行動は

理解されにくく嫌がられる。印星がなく向学心、向上心に欠け、学習

一般常識的意欲がなく知識力不足、判断力に欠け、粗暴な行為などで、

他人の手を借りなければ社会生活ができず精神障害者としての

扱いとなった理由であろうと推測。

日干戊の両側は己 左右どちらを向いても同じ顔で気持ちは純粋な人

しかし 月干(社会環境)己は、日干を良く見せる役割と年干庚を汚す役割があり、

味方の顔をした裏切り者で社会に対し不満を抱いている。

戊己土は(山と両側の裾野)本来はかっこ良い(見掛けの良さと、賢さ)筈が、

水気が無い為にそうはいかない不満と、不満を二重に抱えそのはけ口は、

家庭でなく不満の原因となる社会へと向ける。

 

< 大運 >

3 13 23 33 43 53 63 73 83 93

喜 喜 喜 △ 喜 忌 忌 忌 忌 忌

庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙 丁 戊 己

食 傷 才 財 殺 官 倒 印 比 敗

辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑 

忌 忌 喜 忌 喜 △ 忌 △ △ 忌

  

(命式)

己ィ戊ィ己ィ庚キ  運での喜忌は?

未ィ戌 卯 申キ  日干敗(忌)4 対 食(喜)2 

己 戊 乙キ 庚   内格で 基本、日干印類強く

忌の干は日干敗印星 喜の干は食傷財官?

 忌の干=丙丁戊己

喜の干=庚辛壬癸甲乙のはずですが、こうではなく

33歳癸運は、は日干と合去3倍 3+申1=4

Bグループ2+4=6 A4対B6と喜忌変遷で忌運 

日干敗4対財4

日干敗と財のバランスがとれ 経済的には恵まれるが

日干戊(山)に癸の雲は引き寄せの財 戊山は癸(雲)に覆われ

周りが見えない様子(盲滅法) 庚と癸の関係は庚の錆

その行動性には暴力が加わる。その状況はランク上の施設に

入る為の援助金の増加などの可能性

53歳乙運は、年干庚を合去して格名は、内格から外格

従旺と変格 命式は変動し忌運 この時期は食神(行動性)

庚を合去し行動性がなくなり、引きこもりなどの可能性

〇運での喜忌は次の通りとなる。

喜の干=庚辛壬甲

忌の干=丙丁戊己癸乙

43歳の甲運は 忌の月干己を合去し庚(食神・行動性)は日干戊の側干となる。

その調候は はけ口であった社会環境(月干)を失い家庭へと、

又 日干(自身)戊の強い気を直接受け行動性は、より大胆に暴力的の可能性がでる。

忌の己を合去で喜運 程度は軽いと推察。命式は戊山の両側裾野の己は しっかりと

戊山を支え安定感があるが 甲運で己を合去すれば時柱は己と土に通根の未

重心は時柱に傾く この様な時期たとえ喜運であっても小さな事故や不安心がつのる

要注意の時期となる。 

忌の比肩敗印の運では、経済面の苦労と自我が強まり我がまま、

土の重畳で身が重たくなり行動的には大人しいが 言葉での要求度が増す

庚を制する丙・丁(未)運では、庚が制され粗暴な行為は抑えられるが、

戊己土は燥が強まり覇気のなさがひどくなる。 

土を制する甲乙運は 甲運は月干己を合去 乙運は、年干庚を合去、

月令乙でありながら役立たせる事が出来ず、庚を制する丙丁運は上記の通り、

どの運も 調候改善に期待が持てない。この様な方の場合運での喜忌の調候と、

行動についての詳しい説明が必要となる。

※大運は、年月日時の行運の拡大版と考えれば、同じ様な事が 

年月日時で繰り返し巡っている、大運の様子は 日々毎日の様子である。

※辰の地支があれば 日干に柔軟さが加わりこの様な事はない、

又、月干が庚であれば 己戊庚己の並びは庚の汚れがひどくなると共に、

日干戊の強い気の影響を受け行動性は、

荒っぽく暴力的になりもっとひどい状況となる可能性。

 

 

(子峰院 推命士・和珞の鑑定例 No 26 2018/03/17 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1