子平学・四柱推命は、はかる学問

 子平学は、はかる学問と規定できます。はかるとは、命式の干支の状態をはかること

です。内格、外格をきめるには、天干の強さをはかることが重要になってきます。

又、子平学は天干が主体です。そこでまず命式の、各天干の力量を測らなければなりま

せん。そのはかり方が、一つは旺衰(各天干と季節の関係)、一つは強弱(各天干と地支の

関係)です。(平岡滴宝著 子平学・四柱推命法深書より)

四柱推命におきましては、日本では数多くの「派」があり、命式の出し方も数多く

見受けられます。そこで、万年暦で一つ、一つ書き出すことをお進めします。

私、和珞はブログでの鑑定方法も以下の方法で忠実に命式を出しております。

他の方法での鑑定とは象意、調候などの相違が大きく出てきますので、

あしからず御了承下さい。

 

※平岡滴宝先生は、数字に置き換えました。基本 1干もしくは1支を「1」とみます。

 

< №1 滴天髄、劉伯温氏による通根説、通根表 >

 

      ① ② ③ ④ ⑤

甲乙(木)=寅 卯 辰 亥 未

丙丁(火)=巳 午 未 寅 戌

戊己(土)=辰 戌 丑 未

庚辛(金)=申 酉 戌 巳 丑

壬癸(水)=亥 子 丑 申 辰

※ 木・火・金・水の、①・②・③は「方局」、②・④・⑤は「三合会局」

となっており、②は専気(専支)である。又土は、辰丑、戌未と冲にならない順にならび

揃っていれ四位純全となる。局が揃って天干を強める時は1プラスする。

この様に伯温氏の通根説は局気の地支を非常に重要視している。

 

子―水   丑―土金水   寅―木火   卯―木  

辰―木土水   巳―火金   午―火   未―木火土  

申―金水   酉―金   戌―火金土   亥―木水

 

 < №2  冲と支合と害 >

 

横の関係は冲、縦の関係は支合(合)、斜めの関係は害

 

       冲     冲     冲

        ↓       ↓       ↓

      申―寅   子―午   卯―酉

支合 →  | |   | |   | |

      巳―亥   丑―未   戌―辰 

 

(例1)解冲解合のならび

冲と支合に挟まれれば解冲解合の並び方で 冲・支合が無いのと同じになります。

  (合) (冲)

      ↓       ↓    

巳― 申 ―寅  

 ※解冲解合の並び方で天干に通根し強める しかし 運で亥が巡れば冲や支合が成立し

て 巳申寅亥の四支が無作用となり天干に通根しなくなる。

※斜めの関係で側支は害 運での冲や支合は成立しないが・・・

 

例2)害のならび

    害   →   大運運での丑    →  大運丑運中の年運の午

  ↓          

子―未     子ー(運の丑)ー未       子-丑未ー午

            ↓               ↓

         (解冲解合)   (全ての地支が休み天干を強めなくなる)

            

最初の行運で午や丑が巡っても冲や支合は成立しない( 夫々の地支が天干に通根して天

干を強める)。しかし 次の運では地支次第では地支が全て寝る事がある為、注意を要

する。 

※この様に地支の並びには注意を要する。

 

 < №3 月令と地支蔵干 >

 

子→(癸) 寅→(甲)  卯→(乙)  巳→(丙)  

午→(丁) 申→(庚)  酉→(辛)  亥→(壬)

 

丑 →「その月の節日より十二日目迄の生日の人(癸) {上}

    以後翌月の節日前日迄の生日の人   (己)」 {下}

辰 →「その月の節日より十二日目迄の生日の人(乙) {上} 

    以後翌月の節日前日迄の生日の人   (戊)」 {下}

未 →「その月の節日より十二日目迄の生日の人(丁) {上}

    以後翌月の節日前日迄の生日の人   (己)」 {下}

戌 →「その月の節日より十二日目迄の生日の人(辛) {上}

    以後翌月の節日前日迄の生日の人    (戊)」 {下}

丑辰未戌以外は、年月日時、各柱の地支に夫々の蔵干をつける。

丑辰未戌の、節日から十二日迄の生日は、月のみ上の蔵干をつけ、

年日時は下の蔵干をつける。

丑辰未戌の、それ以降の生日は、年月日時の全てに下の蔵干をつける。

 

< №4月令計算 >

※月令とは、月支につく蔵干のことをいう。各天干が生月(季節)によってどのように

反応し どの位強くなるのか具体的に測るために表現された干である。

〇天干が陽干の場合、月令が同気の陰干なら 天干は三倍になる。

〇天干が陽干の場合、月令が同気の陽干なら 天干は二倍になる。

〇天干が陰干の場合、月令が同気の陽・陰干どちらも 天干は1,5倍になる。

※行運(大運・年運など)でも同様の計算をする。

滴天髄の中で劉基(劉とも言います)伯温氏は、「五陽は気に従って勢いに従わず、

五陰は勢いに従って情義なし」と 

意味;天干は季節に反応するけれど、陽干の方が敏感に反応し、

陰干はあまり反応しない。(月令計算は、季節を重視した考え方です。)

月支が冲、支合で無作用となても 月令は季節を表現していますから 例え月支が

無作用となっても 季節まで消えるわけではありません。

よって月令計算はして下さい。

 

< №5 干合 > 

干合とは、干と干が仲良く引っ付きあう組み合わせの事で、命式上での干合は、

隣り合う天干同士で起こる。

(組み合わせ)   (変化、干合の組み合わせと月令によって)

庚 ・ 乙 ― 月令が金の時、庚はそのまま、乙は辛に変化。(化金)

戊 ・ 癸 ― 月令が火の時、戊は丙に 癸は丁に変化する。(化火)

壬 ・ 丁 ― 月令が木の時、壬は甲に 丁は乙に変化する。(化木)

丙 ・ 辛 ― 月令が水の時、丙は壬に 辛は癸に変化する。(化水)

甲 ・ 己 ― 月令が土の時、甲は戊に変化 己はそのまま。(化土)

 

 干合の種類には、合去・絆神強化・変化の三種類の干合がある。

合去の干合とは、命式上では年と月の干合で起り、命式上の年と月に天干ない状態が

生涯続く。運との合去の干合は年干、月干、時干で起り、大運では五年間、年運では

一年間というように、その期間だけ合去の干合となり、過ぎれば解けて元にもどる。

強化の干合とは、日干と月干、又は日干と時干、日干と運の干との干合を言う。

(強化の干合の時は 月干ないし時干、又は運の干は三の強さになる。)

変化の干合とは、各干合の時、月支の蔵干と同種の干に変化する状態を言う。

※運でも 同様の干合が起きる

 

(例3) 命式での干合の優先順位

時 日 月 年    月干と日干、共に並んで同種類の干合がある場合は

癸 戊 癸 戊    日干と月干の干合が優先される。

   ↑(強化の干合)

 

運の干と、命式の干との干合の順位は、命式の年干、月干、日干、時干の順で、

その内日干との干合は変化か強化で、年月時では変化か合去となる。

 

< №6 A・Bグループの説明 >

Aグループ)とは、日干を強めるグループの事で 日干・比肩・劫財・敗財・

偏印・印綬。「」とだけ書いたりする。

天干の通変星を一字で現せば、日干=日  比肩=比  劫財=劫 

敗財=敗  偏印=倒  印綬=印 と書く。

 

(Bグループ)とは、日干を弱めるグループの事で 食神・傷官・偏財・正財

・偏官・正官。「」とだけ書いたりする。

天干の通変星を一字で現せば、 食神=食  傷官=傷  偏財=才  正財=財

偏官=殺  正官=官 と書く。

 

< №7 格のとり方 >

ここでは格を内格と外格の二つに大きく集約しました。

格は運での喜運、忌運を決める為の重要な手順である。

※A=Aグループの事   B=Bグループの事

※数は、月令計算や強化の計算が含まれる。

( 外格(専旺格)を見分けるための基準 )

基準の目安としては様々ありますが、大まかな外格の目安は、

以下の内容を一応基準にしている。干関係や命式の状態で異なる事がある。

外格は強いほど良く、強いグループが喜 弱いグループが忌となる。

〇Aで構成される外格の目安、AがBの三倍以上 Aが喜 Bが忌となる。

※正官、偏官が1干1支以上の命式は要注意。(内格になる可能性が強い)

〇Bで構成される外格の目安、BがAの四倍以上 Bが喜 Aが忌となる。

※喜の干に通根する地支は喜、忌の干に通根する地支は忌となる。

※喜と忌の干の両方に通根する干は喜忌両方。

※基本命式のAが喜なら、運でのAは喜 Bは忌になる。

Bが喜なら運でのBは喜 Aは忌となるが、干関係により考慮が必要

運での喜忌は、喜の干を合去や尅す干は忌 喜の地支を冲・合の地支は忌となる。

反対に忌の干を合去や尅す干は喜 忌の地支を冲・合の地支は喜となる。

※外格が、行運で内格の値となる時は破格で 忌運となる。

※Aで構成される外格の格名は、日干比劫が印星より強ければ 外格従旺格

印星が日干比劫敗より強ければ、外格従強格

※Bで構成される外格の格名は、基本天干で一番強い通変星を格名にする。

食神か傷官の場合は、外格従児格。正財か偏財が強ければ外格従財格。

正・偏官が強ければ、外格従(官・殺)格とする。

其の他、化格の五格、一行得気格の五格などがある。

 

( 内格(扶抑格)を見分けるための目安 )

※内格はバランスを重視する格で、弱い方が喜 強い方が忌となる。

運では、バランスが変わり喜忌変遷の時は、忌運。又内格から外格に変わる時も 

破格運で忌運。

〇日干を含めて、A、Bを交えて比肩、食神、正財、印綬と言った具合に

四種類の通変星が透干の場合は、内格。

〇A、B、それぞれ二種類の組み合わせで、劫財又は敗財と日干に対して 

正財、偏財と言った組み合わせは、内格。

〇A3対B1の割合は、又はB4対A1の割合以内であれば内格。

〇A日干比劫敗だけの、A2対B0は内格 (合去や冲・支合等ではありえる)。

〇A日干比劫敗だけの合計3干0支に対し、Bの正・偏官1干0支は、内格 

又 Bの官以外の 食傷・財1干0支の場合はAの外格になる。

〇運での喜忌は外格同様 喜の干や地支を弱める干や地支は忌 

喜の干や地支を強める干や地支は喜となる。

※内格は、天干の強い干で日干に影響力のある通変星を格名にする。

印綬・偏・食神・傷官・正財・偏財・正官・偏官)又 建禄格(月令が比肩)、

羊刃格(月令が敗財か劫財)などがある。特殊な格として両神成象格がある。 

※内格には忌の印星格なるものがあるが、ブログで紹介の後にこのページに

も更新予定。

 

< №8 順行運・逆行運 >

男性 年干が、陽干の場合は順行 陰干は逆行

女性 年干が、陽干の場合は逆行 陰干は順行 

月柱が基本で、順行は月柱の次の干支で順に進み、

逆行は月柱の前の干支がら逆方向に進む。

(例4)

順行ー月柱が壬寅なら、癸卯で始まり甲辰→乙巳→丙午→丁未の様に

逆行ー月柱が丙子なら、乙亥で始まり甲戌→癸酉→壬申→辛未の様に

 

< №9 初運・何年運 >

各人それぞれが何年ごとに運が変わるのかを数字で表すもの。

何年運かを決めるには、順行の人は生まれた日から前進して最初の節日

(多くは翌月の前日)までの合計数を3で割り出した数字がそれにあたる。

逆行の人は逆にさかののぼって最初の節日(多くは生日の月の節日)までの合計数を 

3で割り出した数。

その時、割り切れずに1余れば切り捨て、2余ればくり入れる。

(例5)

順行 誕生日が4月16日で 次の最初の節日が5月5日なら 

30-15(誕生日も入れる)+4(5日は次の月の節日)=19

19÷3=6あまり1 一は切り捨て 初運は6 大運は6歳で始まる

 

逆行 誕生日が10月28日で さかのぼって最初の節日が10月9日なら

28-8(9日はその月の節日)=20 20÷3=6あまり2 くり上げて初運は7歳。

 

※基本大運は干5年 地支5年を受け持つが、鑑定にあたっては、

5年ごとに見た上で、干・支で10年を見たりします。その上、

前後も良く見て判断する。忌運長引けば自暴自棄になる可能性も・・・などの様に。

 (経営経済・商業学部などの計算実務とは計算法が違いますが、現実的の調候とよく

合致している。運命は線を引いた様にきっちり行くものでは無く、多少臨機応変に考え

ても良いかと思うが、経験上 この計算法で合致する事がほとんどである。)

 

< №10 午後11時過ぎに生まれた人の注意事項 「夜子時について」 >

午後11時(23時)を過ぎて生まれた人は、その日の干支を使わず、翌日の干支を使って下さい。

(例、2月3日午後11時過ぎに生まれた人は、4日の干支です)

その時の生時の干支は、生時早見表の翌日の干の列、最上段の干支を記入して下さい。

その干支の支の部分には必ず「子」の付くはずです。「夜子時」

 

 

参考文献:平岡滴宝監修 平岡咲子著 「あなたの運命のすべて」

平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「子平学・四柱推命法深書」 「秘本 子平廣論」

 

( 子峰院 関都詮人・和珞 2018/09/14 )

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1