子峰院 和珞の子平学・四柱推命の鑑定例 No61

 この方は高校生の頃、お母様から進路についての依頼がありました。その後見立てに

信頼を頂き家族や親戚の依頼を頂き続けております。今回は九十近いお婆様からの依頼

で、結婚相手がどうも浪費家のようで本人から伴侶がわかるなら見て欲しいとの事で

再度の鑑定となりました。お歳の事もあり鑑定結果全て伝えたわけではありませんが 

いずれお母様か御本人からの依頼があると思っています。

 

< 命式・女性 >

時 日 月 年     庚乙―合去

傷           己1干丑辰2支  (3)

庚キ  己ィ 庚   乙       庚1干丑1支   (2)

午△ 卯ィ辰ィ丑△      丑辰―破

丁  卯 卯ィ己       卯辰―害  

    

       A(日干を強めるグループ日干印比劫) 3  

       B(日干を弱めるグルー児財官)    2   A3 対 B2

用神取得法は、内格扶抑法  格名は 内格傷官格

調候用神―丙

( 命式の喜忌 ) は、庚は己より弱く喜。 己は忌 丑は、己庚に通根で△。

辰は、己に通根で忌。 卯午は、閑支で△。

 

< 命式の特徴と性格など >

忌の日干己に対し喜の庚は俊敏、その性格は即効を焦って方法を考える(小さな力で鉈

を振る為の要領を使う)後は非常に疲れが出る人。(暖・湿土)(凍土)は破の関係で、

辰は長養堪培の役割を果たせず、日干己土は陽気・陰気の二面性のある性格、この命式

での二面性は傷官=仕事では明るさ(陽) 休息に暗さ(陰)を使い分ける。辰卯は害

関係、冲・支合の酉・戌運は解冲解合となる為冲・支合はしない。

丑は、年支で元亨利貞は、20歳まで10歳以降に位置し日干己(本人)と時干庚(晩年の

将来)に通根し傷官(才質サービス精神)目指している。又年干と月干(社会性)は合去

社会との人間関係は少なく一途に時干将来を目指している。時干傷官は人生の目的で

「1人で生活できる技術を身につけ、その技術を生かし生涯生きていく事」。この場合

の庚傷官は喜で強さや干関係などから、温厚、適当な表現力あり 面倒見良く 愛嬌や

愛想の良さが特徴である。反面傷官の気難しさや庚特性のきつさを持った人だが身近な

人にだけ表面化する。時干傷官庚は喜 己の土生金に合い 又時支午の蔵干は丁 

側支卯の蔵干乙に強められ上の庚を制し硬さを削ぎ賢く器用、この場合卯午は大きな

役目をしている。又丑午は害の関係で離れている為、未子運の冲合は年支の丑だけに

働き午は冲支合の時期は少ない(午蔵干丁の安定性)。地支4支は夫々が微妙な何役かを

こなし味わいのある命式。 

 

< 依頼での伴侶との関係は >

女性の場合伴侶は日支や官星で見ます。天干では官星なく日支の蔵干乙(偏官・殺)伴侶

は、月支蔵干も乙であり社会生活での仲間の多さと、時支の蔵干は丁に尅され苦労を

意味している。日干己から乙を見ると「乙、己土をよく尅し」にあたり乙から見て己は

偏財で財目的と言える。現実では大きなマンションは女性の本人が購入、伴侶は、出費

多く彼女が援助することが頻繁にあり愚痴ぽい人で彼女の負担は小さくは無い。

 

< 大運・順行 >

98 88 78 68 58 48 38 28 18 8

〇 ✓ ✓ △ △ ✓ ✓ ✓ ✓ 〇

庚 己 戊 丁 丙 乙 甲 癸 壬 辛     ←(年運)癸甲乙丙丁

傷 比 劫 倒 印 殺 官 才 財 食     ←大運の通変星

寅 丑 子 亥 戌 酉 申 未 午 巳     ←(年運)戊己庚辛壬

✓ ✓ △ ✓ △ 〇 〇 △ △ 〇

        解 解   丑         ←命式の冲合の地支

 

< 大運は >  

幼少時両親は離婚、母親は二人の娘を連れて実家へ、この方は姉妹の内姉。母親は夜遅

くまで働き教育熱心な祖母の手で育てられる。小学高学年母親は再婚 母親の婚家へ

大事に育てられるが、大勢の家族と弟が生まれ賢く器用な彼女は期待されながら育つ。

高・中校時代は成績優秀、高校生の時期進路の事で依頼を受ける「看護師になりたい」

(用神喜の傷官・サービス・奉仕精神=適職)と渕宝先生の助言もあり忌の壬運を前にし

て背中を押した。

〇18歳壬運喜忌変遷運で忌運、だが専門学校無事入学 年運丙戌運には晴れて看護師の

免許を手にした。壬は辰丑が通根己土とは泥流、濁壬 庚は沈金とひどい状況。

現実には学費や交通費と母親と本人に取って破格な出費となった。濁壬はズルイなどの

象意があるが、この方の場合月令は乙の偏官(制御心)卯辰は半合で作用は強く分別を弁

えた人。年月は合去で目的以外の人間関係に興味は少なく、青春時代は見つめる先の

時干傷官=夢に捧げ経済的、精神的な苦労となったが年支(母親)は日干・時干に通根母親

に支えられて夢を可能にした。こうして苦労して勝ち取った夢・免許は、この方の場合

磨く事はしても決して粗末にする事はない。

〇23歳午運閑支、年運は丙丁の火運巡らず変化少なく平素無事。

〇28歳癸偏財運は、丑辰通根喜忌変遷忌運、3のバランス変化は大きく崩れず「己日、

癸財」で良く稼ぐが、丑辰の水支を多く含んでる己の癸水はダダ洩れ!稼いで使う形と

なる。マンション購入、弟の学費を手伝うなどと出費の方が多くなった。

〇33歳未運は、年支(母親)丑と冲 結婚し母親から離れ独立 丑は己庚に通根平均は

変わらないが、命式は弱り母親からの独立は不安心を募らせる。

〇38歳の甲運は 日干と絆神の干合甲は3の強さに辰卯が通根5の強さ喜忌変遷で

忌運、命式は大きく変動 己土も庚金は刃こぼれで弱る。甲は正官 原因は伴侶の

可能性 精神的な不安や名声を弱め仕事に差し障りが生じる。

〇43歳申運は、庚を強め命式はバランスが取れ喜運、仕事は順調になり名声運を強め

人気者になる。

〇48歳乙運は、庚を合去命式は己だけになるが己は丑辰の3未満で内格 格は変わらな

いが命式は大きく変動 原因は大運乙=伴侶の可能性、影響は庚傷=仕事 家庭のいざ

こざで仕事にも影響がでる 間違えば一時休職の可能性。

〇53歳酉運は、辰卯酉で解冲解合 日支はザワザワとざわつく 丑辰の破の己土は

長養堪培の値打ちがなく伴侶乙を養えず、日支(伴侶)卯と辰は害の関係で身持ちが悪い

などといわれるが相手がそうさせる、原因は伴侶の女性問題で離婚の可能性は大きい。

酉は庚を強め命式はバランスが取れ結果稼げる時期で仕事は忙しく気晴らしになる。

〇58歳丙(印綬)運は A強まり忌運しかし丙は調候用神で湿を軽減出費はあるものの

健康に恵まれ無理がきく時期。

〇63歳戌運は、己庚に通根命式を強めるが卯辰の害に関係し仕事、家庭共に何かしら

問題が発生し忙しいが体調や精神的には問題なし。

〇68歳丁運は、忌のAを強め忌運だが丁午は喜の庚を鍛錬 この様な運が働き盛りに

恵まれれば俊敏・器用さを生かし敏腕な看護師として認められる可能性があるが68歳は

遅すぎる。しかし 丙運印綬運より、過去の実績を買われ後任育成で教壇に立つ可能性

は大きいが忌運!名誉な賞などの候補者に選べれても手には出来ず 悔しい思いを残し

プライドは満足いくものではなく苦労は報われない時期だが、生徒には

「教え方の上手い先生」と評価される。

〇78・88歳の戊己運は、日干を強め忌運自我の強まりと出費の可能性。

〇73・83・93歳の亥子丑は、亥丑は水支閑支だが冷たい水支で体調を壊し73歳では現役

を退く可能性。子運は丑を支合、元亨利貞は年支の変化は現状維持。

 

< 子供について >

子供は食神・傷官や時支で見るが、この場合時支の方が見やすく時支で見た。

午は閑支であるが蔵干は丁 丁は日干己を間接に強め己は丁を護丁 本人は子供を守り

子供は母親(本人)を助ける。己は丁の激しさを取り大人しい子供だが この命式己の質

は丁の元気を削ぎ、大人しすぎるが育てやすい子供と見ました。

 

< 金銭感覚は >

日干己は辰丑の水(財)支を根に持ちお金は回る(仕事の安定)、しかし己土の容量は小さく

財運での水は洩れがちで、稼いで使う(精神的なはけ口は消費)人、他人からはお金持ち

に見えるが、実情ではそれに非ずと見ました。終期には蓄財はあまりなく

実情の苦しい子供に厄介をかけそうです。

 

< 感想 >

幼少期の事情により、自身が少しでも生き易くなる為努力、期待され答えの二重・三重

の努力の中での、二面性の使い分けはその頃より磨きがかかり絶妙、それはこの方の

「持ち前=長所」としか言いようがなく、僅かな哀れみを払拭させてくれた。

 

< 子平学の基本 >

    ↓

sihoin-waraku.hateblo.jp

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「神峰干支体象詩」

 「子平学・四柱推命法深書」 「秘本 子平廣論」

 

( 子峰院 関都詮人・和珞 2018/12/17 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1