平岡滴宝著 新訳滴天髄 天干論(甲)

平岡滴宝著 新訳滴天髄より                     

 滴天髄は従来の四柱推命を、より進歩させる原因となった最初の原書名です。

この書を編纂したのは、明の太祖朱元祖を助けた劉伯温と言う人で、1311年より

1374年の間、元の末期より明の初期洪武の時代に生きた人です。   

 

天干論(甲)の項より                        

「甲木天に参り、胞胎に火を要し、春は金を容れず、秋は土を容れず、

火盛んなれば龍に乗り、水乱れば虎にのり、

地潤いて天なごやかなれば千古に植立つ」      

 意味:甲木が幹をもち大きく育つには丙の暖照が必要で、

春月(月支が寅卯そして辰月は月令が乙)生まれの人は、命式中で甲の側 に

庚(鉄=鉈や鋸など)が無い方が無難です。(特日干が甲の命式の人は

時折精神不安にかられやすく 目に弱点を持つ人が多いです。)       

、申酉戌月生まれの人は、戊や己は土を生じてうつろとなりやすく、

秋の土は水分が少なく甲木は育ちにくく、両方あまり良い状態ではありません。

丙の太陽が強すぎれば木は枯れやすいため、地支に辰や亥がある人は木に

抵抗力がありますし、壬水が強すぎる人は、寅に根をもっている方が浮木になり

にくくて良いと言えます。命式の天干地支に、適当な水分(壬癸子亥丑辰)と

土気(戊己)があって適当な強さの太陽が照らしているような甲木は、

しっかりと育ちます。 」           

 

(追補)

これは甲木そのものの読み方であって、育つから必ず良い命式だと

言う意味ではなく、甲木が喜の干となっていれば育つ方が良く、逆に忌の干に

あたる人は、むしろ育たない方が良いと言うことになります。甲に通根の

地支無い場合(0支)は天干に甲が何干あっても死木とみなします。

甲乙は五物の中でも唯一の生物ですから生死を見分けておくことは

大変重要なことです。死木は材木と同じで庚(鉈)を怖がることはないかえって

活木として形を変え良い状態になる事がある。

反面壬水の為に浮木になる事は多く、もし日干が甲の場合精神がしっかり

しない人が多いものです。他は通変星の意味が不安定になります。

秋月生まれの人が庚に出合う時、

春生まれの様な心配は起りません。但し甲木があまり湿ってない状態です。

命式に壬癸亥辰がなく、寅や卯未の根をもっている場合です。

(秋月生まれは月令が庚辛、月令計算すれば庚はかなり強くなり、現実的には

秋月生まれの日干甲木は燥木 湿木どちらも庚との出会いは厳しいものが

あります。甲木は辰と未辰と卯 寅と辰 寅と亥等の様に 

湿の地支とそうでない地支で支えられた甲木の方が様々な干関係での

抵抗力が出ますし通変星での意味の良さが発揮されると思います。

甲木には次のような代表的な状態があります。丙の照、暖、枯れ、庚の鋸、

戊との相尅、壬との浮木、癸との腐(根腐れ)など。甲木の見方は、

考え方のポイントは、幹と根の状態です。(「戊との相尅」は、

甲木が戊土を尅す時 土の中へ甲は根をのばしていく時疲れる甲戊どちらも

良い状態と言えない、特に命式が燥の場合どちらも疲れ方はひどく推命の

見極めが必要になる。又干支体象詩では 甲木が戊土を尅す場合、

甲1干1支で一応目的を果たしそれ以上はあまり良くない状態と言っています。

「癸との腐」は、癸が冷たいほどその調候は厳しいものがあり、

例えば癸の地支が亥・子・丑で命中では体調に顕著に現れる事があります。

辰は暖かみがあり辰だけの根ではそう心配はありません。

また申では腐の心配はあまり無いものの 蔵干には庚があり他の心配がありますし

辰共に壬での浮が心配になります 浮となる時は、庚への抵抗力は

でますし用慮の良さが出る場合もあります。

今回のブログでは、平岡滴宝著 新訳滴天髄の他 神峰干支体象詩を

 組み合わせて書いてみました。

 

                     f:id:sihoin:20190815164116p:plain


 < 感想 >                             

「地潤いて天なごやかなれば千古に植立つ」好きな言葉の一つです。特に日干が

甲の場合、育つほど喜運となる命式は見極めが樂な命式です。

その反対の命式は、運と精神的・健康の面での相異がでる事が多くあります。

一口には人生の伸びと精神・健康面での違いです。

よく見極め依頼者には慎重に説明の必要があると考えています。

和珞

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「神峰干支体象詩」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2019/01/03 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1