平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 形象論 No1」

 子平学 四柱推命 運命学   ( 両神成象格の命式二例を下記に )

滴天髄を編纂したのは、明の太祖朱元璋を助けた劉伯温と言う人で、

時代は1311年より1374年の間、元末期より明の初期洪武の時代に生きた人です。

 

( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「嫡天隋輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

< 形象論 >

 両気合いて象なれば、象破るべからず。五気集まりて形なれば、刑害すべからず、

独象化地に行くを喜べば、化神盛んなるを要す。全象財地に行くを喜べば、

財神は旺ずるを要す。形まっとうする者は、その有餘をそこなうによろしく、

形かけるものは、その不足をおぎなうがよろし。

 

( 訳 ) 

 任氏は、例えば水木相生(順生)格即ち、水木各2干2支の命式は両神成象格になると

訳され、両神成象格は、平均した形が運等でバランスを非常にくずした時、

悪い現象が起こると去れています。相生格の方は日干を生ずる時は秀気が流れるとし、

相尅格の方は日干を尅す必要がある言われ、木火の相生は金水の運が破格と

説明されています。

 素庵氏は簡単に、木火の形は金運で破格他もこれにならうと説明されています。

 耀文氏はこの相生格をとらず、木土の様に相尅格のみを採用されています。

例えば強い干が洩気してバランスが取れる時が良いと説明されています。

 この様に両気合いてとは、両神成象格のことを指し

平均した形になる命式は大きくバランスをくずす時が破格と言えます。

 私は、この成象格は中味の意味だけを含んで内格を採用し外格の夫々の形と共に、

内格、外格の二格に集約しています。

 印、比劫敗、食神、財、官の内、夫々同気が命式に集って一つの強い形を整えたら、

その形が尅干に出合ったり、地支に変動があったりしてはいけません。

これは外格専旺格を指しています。即ち従格

 一行得気格や化格となって、一つの強い形となっているものも同様で、

こうした命式は中心となっている干が強ければ強い程良いと言えます。

何故なら尅干に出会った場合の抵抗力を買うからです。

 命式中五気が夫々まじって天干に出ている様な命式、即ち内格で比劫印等が強い場合

は財もある手度強い方が良く、弱ければ運で助ける時が喜運です。

 こうした命式では強すぎる干は尅洩を考え、弱い干に対しては比和や生助を考えれば

よろしい。これは地支の働きも含まれます。

( 追補 )

 この章は、伯温氏が渕海子平前後の子平学に、格が多くあるのを知りながら、

結果的には、両神成象格、従格、一行得気格、化格、内格に集約し、

そのあつかい方の目安をのべたものといえます

                                                       <滴宝先生の文献より まとめ上げ作った虎の巻>

                       ↓ 携帯にも便利 もうボロボロ

                                                                     f:id:sihoin:20190731131745j:plain

 ( 形象論についての余談、和珞 )

 滴宝先生の著書数冊によれば、先人方や現在の観法として両神成象格には条件がある

ようです。特に破格運は決まりがあるようですが・・滴宝先生は内格を採用と書かれて

いますし、実践でもその方が確かで信頼を得られています。両神成象格には、順生格、

相性格、相尅格等と色々な呼び方がありますが、「両神成象格」とだけ呼んでいます。

後は干関係や地支の関係で喜忌のつけ方、破格運はかなり違いが生じます。

 「両気合いて象なれば、」とは日干比劫敗、日干比劫敗と財、日干と官等の組み合わ

せで、数字的に全くバランスが取れたもの。用神取法は扶抑法によれば内格で、

バランスが取れ過ぎて強弱が解り難くく喜忌のつけ方が難しい命式です。

「象破るべからず」とは、両神成象格の形が行運で大きく崩れる時は、人生に於も変動

が大きく良くないの意味です。ですから、この変動の大きい時期を見極める事が重要に

なってきます両神成象格二例を挙げてみました

この二例は、一例は日干類と対するは正官 二例目は日干と偏官と言う様に、日干と対

する干はどちらも官星にあたりますが、大きな違いが行運に現れます。

理論も大切ですが「論より証拠!」やってみないことには解らないものです。

 

< 例1・命式 >

時 日 月 年

官   官 比    干合・冲・支合なし

辛 甲 辛 甲    甲2干未2支  (4) 

未 申 未 戌    辛2干戌申2支 (4)

          格名 両神成象格(内格)

木と金だけのバランスが取れた両神成象格

行運でバランスを壊し命式に大きな変動がある時期は、

〇戊(偏財)運で 戌(未2支)3が通根 戊は陽干、月令は同気の陰干で戊は三倍合計6 

A(日干)4 対 B(官財)10で変化大きく忌運 

〇己(正財)運は、己と甲は干合 月令は己(土)で変化化土となり 甲は戊になる。

この場合日干も甲で重複干合を起こし日干 月令計算と地支で戊は9

Bの合計は14 日干の変化と共に変動は大き過ぎ注意喚起が重要となる時期。

〇丙丁(食神・傷官)運は、戌未が通根合計4の変化で忌運。甲木は燥木で丙は枯れを

強め、丁は洩気を強める象意での調候の推命。

変動の大きい命式で波乱万丈形と見ました。

 

< 例2・命式 >

時 日 月 年

劫   比 殺    干合・冲・支合なし

戊 己 己 乙    戊己3干辰1支(4)

辰 卯 卯 巳    乙(令)卯辰3支(4,5)

          日干4 対 偏官4,5 内格、両神成象格

土と木だけで乙(偏官)が0,5だけ強くほぼ平均が取れた、両神成象格。

この命式は、木火土金水運での変動は1~2までで 

前例の命式に比べると変動は小さく忌運でも被害の少なく平々凡々タイプです。

 こうして実践推命してみれば 地支との関係も「破格運」はこうだと言い切れるもの

がありません。そういった意味で干支論は、本当に重要だなと感じています。

 

 例1のブログ >

   ↓

 

 < 例2のブログ >

     ↓

 

本文「五気集まりて形なれば・・・」からは 又、後日書きたいと思います。

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「神峰干支体象詩」

      「子平学・四柱推命法深書」 「秘本 子平廣論」

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

 

( 子峰院 関都佺人・和珞 2019/07/29)