子峰院 和珞の鑑定例No78

 この方は、小学生でありながら俳人、著書は何万部も売り上げ一世風靡して

時の人となった人です。興味が湧き勉強させて頂きました。

時間は、壬運の調候やドキュメンタリー番組による性格から、

推定で子時を取りました。滴宝式では、夜11時以降の日柱は次の日の干支となります。

子平学 四柱推命 運命学

 

< 命式・男性 >

時 日 月 年    干合・冲・支合なし  季節は五月夏生まれ

官   才 食    己1干0支   (1)

甲キ 己ィ癸キ 辛キ    辛1干巳2支  (3)

子キ 卯キ 巳キ 巳キ    癸1干子1支  (2)

癸  乙  丙ィ丙    甲(強化)3卯1支 (4)

    A 日干1 対 B食財官9

用神取法は BはAの4倍以上で専旺法(外格) 格名は、外格従官格

喜(キ)の干=辛壬癸甲乙    

忌(イ)の干=戊己丙丁庚  

傷官庚はBグループで喜のはずが、喜の甲や辛を尅し癸とは錆びの関係で忌。

喜=良い=〇 忌=悪い=✓  △=程々=現状維持

 

< 命式は >

生まれ月は五月、月令は丙の初夏。月干癸は 根に蔵干は癸の子を持ち、初夏の薄霧。

年干辛は、蔵干は丙の巳を2支持ち銅、側干に癸の薄霧で湿金。日干己は、命式は暖か

く側干癸との関係で程好い暖かみのある湿土。己は通根の地支なく身弱。

日干(本人)己は時干甲とは強化の干合、甲は三倍の強さになる。日干己は0支で弱く、

卯の根を持つ強い甲に尅され身弱の己土であるが、己の暖と湿は適度で体質面を救う。

対人関係では月干の社会環境の人達からは助けられ、時干喜の甲は、正官で身近に良い

助言をしてくれる目上の人達がいる、印星の様に甘やかしではなく時に厳しく的確な

助言。格名は外格従官格、喜運ではそうした人達の助言に素直に従え、事が上手く運び

精神的に落ち着く。反対に日干が強まり自我が強まる時期や破格運では、不満や反発心

で何事も上手くいかず、精神的なストレスは大きく苦労の時期になる。

静かな好奇心で常に何かをしていたい人、仕事は嫌がらず辛食と癸財の関係は、

結果は思った程では無いものの、喜癸財は時支子に帰宿して経済的には比較的苦労の少

ない人。

 

< 性格 >

従順、臆病、慎重、神経質、人への警戒心は強い、礼儀正しくマイペース型。

 

< 大運・逆行・各五年運 >

93 83 73  63 53 43 33   23   13   3

〇 〇 〇 ✓ ✓ ✓ ✓ ✓ 〇 〇

癸 甲 乙 丙   己  辛     →(年干)甲乙丙丁

才 官 殺 印 倒 印 比 傷 食 財    ←大運の通変星

未 申 酉 戌 亥  丑   辰    →(年干)己庚辛壬己

△ ✓ ✓ ✓ ✓ 〇 ✓ 〇 〇 〇

       巳 卯 卯 巳   子                    ←冲・支合となる命式の地支

 

< 大運は >

3歳の壬運は、月干癸財は壬財を強め霧から降る続く雨へと変わり(冲天奔地)喜財を

増やす。この時期俳句の本を出版して何万部も売上げる。俳句は、大運壬辰で命式の

辛食を洗い下の丙の輝きで生まれたもの「己日癸財の人は、大財を手に入れる可能性が

ある」と言われて、この命式では冲天奔地がその時期になる。

しかし 強められた壬は日干己を押し流し、己は喜財壬を汚す調候で酷いいじめに

合い苦しい心情からも俳句は生まれたようです。

〇13歳辛運は喜の食神運で喜運。

〇18歳卯運は、元機の地支で甲を強め喜運。甲に従い対人関係の支障は少なく

(喜甲の正官)地位ある人との出逢いで良い刺激を受け作風を伸ばした可能性。

〇23歳の庚(食神)運は、(癸)錆びた鉈で、喜の柔らかい喜辛や喜甲を傷つける調候

(命式の干との関係の悪さ)は作風が変わるか、書けなくなるかの様なスランプの

可能性。(時干甲とは傷官見官の関係)

〇28歳寅運は、卯運同様喜運。庚運からのスランプから脱出、地位ある人との新しい出

逢いはより強い要求がありそうです。

〇33歳己運は、時干甲は強化干合のため合去とならない。日干を1強め忌運、

食神辛は湿金汚金となり、ライバルが出現で人気面では汚金の調候と

大運は忌で不利な要素が大きい。

〇38歳丑運は、子と支合、喜の癸財を弱め忌運。蓄財の目減りと拘りの弱り。

43歳戊運は、月干癸と変化の干合で、戊は丙に癸は辛に変化する。

運の丙は年干辛を合去して命式は大きく変動

<43歳変化後の命式>

時日月年

官 倒     己1干0支    (1)

甲己丁      丁1干(令)巳2支  (3,5) 

子卯巳巳     甲1干(強化)卯1支 (4) 

  丙      A日干倒4,5 対 B官4 

外格から内格に変格、命式は大きく変動して忌運。喜の食神と偏財を失う象意は

財源を失い失職の可能性。(破格)

〇48歳子運は、癸財を強め収入源を増やし、失職からの脱出。

※人によれば何らかの理由で経済活動できない時期がありますが、

脱出できる時期を知る事が出来れば気は楽になります。

〇53歳丁は偏印で忌運、丁火は喜の辛癸を弱め甲木を洩気し忌の己土を強める調候は

酷く、何事も上手くいかずストレスにつながる。(破格)

〇63歳丙運は、年干辛を合去忌運。しかし格は変わらず。

〇亥戌酉運は、甲の根の卯や辛の根の巳を冲・支合で1弱めるが変格なし、

忌運としての変化は無いはずだが、年運の壬年には年齢的にも要注意。

〇73・83歳の乙甲運は、正官を強め喜運、しかし身弱、この年齢での制約過多は

身動きの取れない調候、喜運で大事にはされる。

 

< まとめて >

日干己だけが強まる時期は己運だけで、破格運も少なく、そう言った意味での変動や

苦労は少ない命式です。しかし大運でのポイントは下記の如くとなります。

〇戊運変化の干合の時期は、

命式の変化は大きく経済面では人生で一番苦しい時期の可能性。

〇壬運も喜運で経済面では恵まれるが、日干が壬財からの反尅や壬財を汚す調候は

精神的には相当苦しい時期となります。

※日干が壬財を汚す象意には、他人から僻まれ妬まれての被害もあり。

〇庚運は関係の悪さが目立ち精神的、経済的に苦労があります。

〇卯寅運の、喜の甲官を強める時期や子運の喜の癸財を強める時期は、

精神面や経済面では人生で一番楽な時期の可能性。

 〇壬、庚、戊、丁運と苦しい時期の多い命式です。経済面では年運で十年に一度壬運が

巡りますし、喜財は時支に帰宿し生涯困らない人ですが、生涯に渡り俳人として名声を

手にする事は無理と見ました。どの業界でもそれはごく自然の事の様ですが、

十年に一度の壬運は、本棚の片隅に置かれた著書が、同じ経験をする人達の心を掴む

可能性は捨て切れません。形影的には「一時の人」と見ました。

 

子平学。四柱推命の基本

    ↓

sihoin-waraku.hateblo.jp

 

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

 

( 子峰院 関都佺人・和珞 2019/08/28)

 

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1