2020-08-31から1日間の記事一覧

平岡滴宝訳 神峰通考・干支対象詩、十二支咏(午)を読む 

「午宮詩」を書きたいと考えた訳は、十二支咏の基本的な判断の仕方などが 示されていたからです。途中で「子詩」でも十二支の解釈方法があった事を 思い出し順番が違った事で後悔をしましたが、ツイートで「午」を書きます と宣言したからには前に進むしかあ…