日干に1支通根で忌の印星格から、内格偏官格に さて!

平岡滴宝著 四柱推命法深書 戊―戊の関係で

日干庚が0支で忌の印星格の命式に 庚に申の1支を

通根させれば、どうなるか?格名は内格 偏官格となりました

性格や大運では?検証してみました。

子平学 四柱推命 運命学

 

 < 命式 >

時 日 月 年   女性5年 逆行

殺   倒 倒    子午(冲) 

丙キ庚イ戊イ戊イ   庚1干1支申 (2)

申イ子イ午キ辰イ   戊2干1支辰 (3)

庚 癸 丁 己    丙1干(月令3倍) (3)

日干・偏印5 対 偏官3 (格名 内格 偏官格)

 

< 大運 > 

庚に申の1支が通根し、側干丙(偏官)に対し制されまいと

反骨精神があり気丈な人で、丙に対しあらわにする事は

無いが秘めた反発心をもっている。命式は丙が喜で庚は忌

よって 程好い長さのもの(丙)に巻かれる時が喜運

火気が1~1,5程強くなる時が それにあたる。 

丙運は月令計算で3倍(長すぎ)となり忌運

巳運は丙庚に通根し還流で庚を弱める為、喜運

乙財運25歳は、日干庚と絆神強化の干合3倍に辰が通根で

Bグループを4強め喜忌変遷 で忌運

Aグループ5 対 Bグループ7となり 乙財の忌財は4と

大きい。日干印星は自身を強める 食傷財官は弱めると

考える時 丙(偏官=女性に取っては男性)に育成(影響を受けた)

された強くなりすぎた乙(正財)は 喜の戊印星を尅す

(判断力を弱める)その象意は 年齢を考慮して男性に騙され

財の被害を受けるなど。(結婚詐欺など)

(最近は現実的にこのようなケースは多く 割と身近な話

である。可能性として話してしておけば 意識し回避できる。)

甲運、辰が1支通根AとBのバランスがとれ喜運

丙(偏官に影響され)に逆生され 良く成長をし

忌の戊を尅す(結婚など)

丁(正官)運、月令計算1,5倍 Bにプラス平均が取れ喜運

45歳の癸運は 年干戊と化火で戊は丙 大運の癸は丁となる

命式は庚1干1支 戊1干1支 丙丁3干の月令計算

丙2干×3+丁1,5 =7,5  A4 対 B7,5 で喜忌変遷

丙丁が忌の干となる、命式は大きく変動して忌運 

この象意は、年干戊(父親)の変動し忌官となる、

父親の地位失墜、年齢的に父親の死 又忌の強い官星 

日干庚は、丙丁に尅されしんどい状態で離婚など

晩年辛運、時干の喜丙を合去で忌運 将来性の変化で

体調を大きく壊す 庚運は忌の日干を強め忌運

年齢は75歳 強情でやりにくいお婆さん

戌酉運 辰を冲・支合で喜運 しかし この命式辰は

健康面では、大事な地支 辛運を乗り切る事が出来れば

辰運では 戊(印星)に通根している辰を無作用する調候は

喜運で、命には係わらないがひどい物忘れから、

忌の土運戊己(印星)は痴呆の進行が考えられる。

< 大運 >

5 15 25 35 45 55 65 75 85 95

喜 忌 忌 喜 忌 喜 忌 忌 忌 忌  45歳癸運は化火

丁 丙 乙 甲  壬 辛 庚 己 戊

官 殺 財 才 官 食 敗 比 印 倒 

巳 辰 卯 寅 丑 子 亥 戌 酉 申

喜 忌 喜 忌 忌 △ △ 喜 喜 忌

 

    冲

   子―午     丑運は解冲解合

   | | 支合  丑は 忌の戊と庚に

   丑―未     午は 喜の丙に通根する

           よって丑運は忌運 子は閑支

< 余談 >

日干が無根でブログNo21          忌の印星格と 日干に申を通根して

内格偏官格と比較してみました。女性と男性での比較と

なりましたが。どちらかと言えば偏官格の命の方は波乱万丈形

忌の印星格は どちらかと言えば嫌われ勝ちですが 

何人かを観た経験上、アッケラカンとしてあまり気にしない

処があるかと思えば、くよくよと悩みすぎる事もあり

両方(二面性)使い分け人の助けを上手く得ようとする

忌の印星(依頼心)の要領の良さが伺われます。

そう悪いばかりでは?

偏官格は、丙に真っ向に挑む傾向で生真面目 

どうしようもない相手に(丙)挑む要領の悪さが伺われます。

丙が側干で 日干庚が行運では無根(申の冲や支合で身弱傾向) 

1支(現状) 2支通根(強気)と気分にむらが生じます。

 

 

( 子峰院 推命士・和珞の鑑定例 NO 22 2018/02/22 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート