和珞、辰を好き放題に書く!

    ( #子平学・#四柱推命・#運命学・#十二支 )

平岡滴宝訳、干支体象詩 辰宮詩曰より、意訳で「辰はまさしく暖土と言え、

中味はよく湿った泥のような土とするが、やや湿泥の感がありよい配合の命式や

運の向きでの辰は大地のようにすべての根本となって、

命式を良い状態にする可能性を持っています。」    

 

木(甲乙)の方局の内、辰は十二支の五番目の地支である。生月は4月春も終わりに

近づいた頃、時間は7時から9時まで、多くの者は活発に活動している時刻 

辰は土木水を強め中でも戊・乙・癸を強める。干支体象詩は言う「長養堪倍」と 

十二支咏の中では一番好きな言葉です。深い意味があるが簡単には字の如く

長い期間堪えて養うと言う意味。

甲乙は、丙や水がなくても辰1支あれば元気に育つとされるだけに、

辰が良い役目をしているのかどうかを、見極めなければならない。

燥のような命式に辰がありながら戌との冲 酉との支合で無作用となって

いれば不満はつのり愚痴が多くなる事もある。

 

< 土(戊己)を強める辰は! >

劉伯温氏の通根説 戊己(土)の通根の地支は丑・辰・未・戌であり 

冲とならない並び方で四支揃えば四位純全となる地支である。

丑は冬、辰は春、未は夏、戌は秋を担当する。

冲の関係 戌―辰 丑―未 

辰の月支(月令)は、4月の節日から(節日を入れて)12日までは乙 

それ以降、次の節日の前日までは戊とする。

十二支咏は続けて言います「若遇三冲即破門」と三冲とは、

地支同士の三つの悪い関係で 

ここでは冲刑破を指し( 冲―戌辰 刑―辰辰 破―丑辰 ) 

辰は湿泥の感、良い意味での柔軟性故にそうした関係が側支で

命式にあれば辰の性能は著しく低下し評価しにくくなると。

そうした関係の中、夫々の地支が運の巡りで冲や支合などで

解けた場合の辰の役割(役にたつ、たたない)を

見定めなければならない。

 

< 象意 >

辰辰の刑は、自刑―落ち着きがない。私の資料よれば失敗や事故の心配と、

滴宝先生の本文には、「本質を思えば異性間での刑は留意すべきでしょう。」と

ある。乙辰は小賢しさの象意あるが、この場合の象意は、

気がよく回り要求度が強いなどです。日干戊や己の場合 

乙は偏官や正官で女性から見れば伴侶にあたり かなりしんどい相手で

辰が2支ともなれば想像を超えるものがあり、離婚の可能性もある。

日干戊己が喜で乙が忌ならなおさらの事で、命式での1支の辰 

運で辰が巡り刑となる時期にも要注意、それが例え喜運であっても。

又 男性でも女性への関心度が強く、その目先の利かなさに注意!

辰丑の破は、駄目になる、枠から外れるなどの意で、その象意は

「途中で負けて、その場から去る」などです。

丑は側干の辰でもその凍りを溶く事が出来ずに、

凍土と暖土 泥土と凍土と言った具合に、陰気と陽気 柔軟と頑ななどの

性格の二面性をもち合わせている。辰と丑はそう言った面でも折り合いが

取り難い地支ですが、辰の蔵干の内乙と丑の蔵干の内辛との折り合いも

つきにくく、取り組んだ物事も途中で投げ出すなど 人関係でも同様の

事が言える。物事への飽き性、間関係のトラブルなどです。 

天干の様にはっきりとではなく 地支の場合は秘かに

何時の間にかその現象は現れています。長いお付き合いのはずの兄弟 

親戚 お友達などと言った関係にすら影を落としています。

人生の先輩方の「宿命」と言う言葉には驚きます。

私も丑(月支)未の無恩の刑もち 何時の間にか伴侶と一族と言われる

自分の親族とは 疎縁とまでとは行かないが

近い状態に・・

※滴宝先生訳 干支体象詩の本文の補注で言っています。「地支の勢いの強さ

は月支、日支と続き40歳までは年支が先で それ以降は時支が先」と

よって 刑・破の調候は、月支、日支が側支の場合が一番現れやすいのが現実

特に月支の性格がより出ます。よって月支が丑なら辛のきつさが出やすく

二面性!辰の柔軟さを期待されながら人間関係のトラブルなど、

依頼者からはよく聞く話です

 

< 終わりに >

刑、害、破・冲の象意は最近では使わないと言うのが現状のようです。

私は専門用語はともかくとして地支同士の関係 特に蔵干などの関係から

深読みする事を渕宝先生より厳しく教わっています。

又 現在社会にこそ、この象意を読み解く必要性を切実に痛感していますし、

依頼者の方々の納得には、ただ驚きしかありません。

機会ある毎に、つらつらと発進したいと思っています。和珞

 

(子峰院 推命士・和珞の鑑定例 No31 2018/04/14 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1