平岡滴宝著 新訳滴天髄を読む。天干論(乙)の項より 

これは、子平学・四柱推命と言う学問の話です。

平岡滴宝著 新訳滴天髄 はじめの 項より

滴天髄は従来四柱推命学を、より進歩させる原因ともなった最初の原書名です。

この書を編纂したのは、明の太祖朱元璋を助けた劉伯温(りゅうはくうん)

と言う人です。時代は、1311年より1374年の間、元末期より明の初期洪武の時代に

生きた人です。そしていわゆる渕源、渕海等の五行の制尅と神殺併論の

一般的な推命法とは別に、初めて五行の生尅のみを重視し従来の

神殺看法を覗きました。

 

※〔 〕内は、私の補足です。                         

天干論( 乙 )より

「乙木は柔と言えども、羊を刈り牛を解き、丁をいだいて丙をだけば、

鶏にまたがって猴にのり、虚湿の地は馬にのれども又うれい、

籐羅甲をつなげば春よく秋もよし」  

〔 羊=未 牛=丑 鶏=酉 猴=猿=申 馬=午 〕              

 

(  解説 ) 

乙木は甲木と違い幹ではなく茎でなり立っています。陰干には夫々の

弱さがあるのですが、甲の幹と乙の茎とでは抵抗力に大きな差があります。

ですから乙木を例えれば普通は草花と言い、壬水がある命式では浮草と考えます。

又乙木の側に甲があれば乙は枝葉や蔦にたとえます。 

〔 枝葉と蔦の見分け方は地支にあります。〕                                   

 

( 訳 )

乙木は甲木とくらべて可憐な草花や浮草にたとえられますが、

命式上の未や丑を制する位の力はあります。陳素庵氏は「丑未は陰土、故に乙よく

制す」と説明されています。〔丑は土金水を 未は木火土を強め、土は戊己の内、

丑未は陰土の己土をより強める。よって「乙、己土をよく尅し」と言い換え

実践ではよく使います。〕 

命式に丙や丁が出ていますと、地支に申や酉があても心配いりません。

これは命式や運で庚辛があったり、めぐって来たりした時の乙木の安全性を言って

おり、丙丁の透干が無い人は、乙木は非常に傷めつけられ、特に日干の場合は

精神不安定を起こします。

この時の庚辛の力は、1干1支以上〔申、酉はその内の1支にあたる。〕を

指します。安定性とは丙丁がよく庚辛を生尅する事を意味します。

地支に子亥丑が多かったり、冬生まれの命式が湿気ている人は、

根腐れをおこし乙に悪い影響をあたえる恐れが

充分です。これは甲木の時にも言えます。もし日干の側に甲木があれば、

人生上の風波に抵抗する力が春月や秋月生まれでもそう心配はありません。

 

( 追補 )

乙木は甲同様生きものですから変化が多く、無根は死木とみなします。

甲木と違う所は活木になる可能性は殆どありません。但しこの論は内格のみに

言えることで、日干が甲又は乙になり外格従児、従財、従殺のいずれかになる

時はこの限りではありません。又はるよく秋もよしの所を、一年中と訳すには

一寸抵抗を感じます。何故なら夏生まれは枯れの、冬生まれは腐の

心配があるからです。         

乙木には次の様な心配があります。丙の暖、照、枯、但し壬をもつ浮草の場合は

相当の丙の強さに耐えられますが、普通は甲の時より乙の方が抵抗力が弱い

ものです。庚辛に対して非常に変化があり、特に辛に対しては最悪と考えて

良いでしょう。

これも浮草の場合は相当耐えることが出来ます〔浮いて逃げる要領〕。

又辛1干0支の場合はあまり強い尅とはなりません。とにかく草花の茎は

非常に折れやすいと言う事に留意すべきです。

〔戊乙壬や壬乙戊の並びで乙に根があれば、浮いたり戊(山)に根を張り制尅したり

と複雑な人間性を伺わせます。又乙壬戊 乙戊壬の並びは側干との関係が一番

ですが、夫々還流は考慮が必要で壬乙戊・戊乙壬と同様の様子を見せる

事もあります。命式中喜の乙が、大・年・月運に辛運が重なる様な時期は 

特に要注意の時期となります。〕

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2019/01/12 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1