平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 従化論」を読む。№1 

   < 従化論 >                            

従に真を得る者は、ただ従を論じ、従神に又吉と凶あり。         

化に真を得る者は、ただ化を論じ、化神又幾般の話あり。         

真に従の象は幾人あるや、仮に従するも又その身を発すべし。       

仮化の人も貴ぶべし、孤児、異性もよく類を出ず。

                                                                             子平学 四柱推命 運命学

  ( 訳 )                                

 命式の四天干中、いずれかの五行が突出して強い場合は、その五行を中心にした

見方が外格であり、その場合は内格的な見方をしないで、

旺じて強い干を喜神として見ていきます。しかし命式によっては色々あります。

化格になって外格となる場合も同様ですが、やはり色々の命式が出てきます。   

 従格になっている命式と言っても、しっかりと純粋になっているものは、

逆に少ないものです。命式に少々の疵がありながら外格になっている人も、

悪い命式とは言えず、運の機会にめぐり逢える時は非常に好調になります。  

たとえば、年と月とが干合して化格となっている命式を仮化と呼ぶ人もいる様ですが、

やはり色々の話があって、命式によっては早年恵まれない人でも、

運にのれば随分良くなるものです。たとえその人が鍵っ子であってもです。

 

( 追補 )                            

従旺、従強格の場合、四天干に食傷財官がまったくないものを

あるけれど弱くてやはり外格になるものをと呼びます。

その場合、前者は純粋と呼ばれ、後者の命式は疵のある命式と呼びます。

この場合地支蔵干は気にしません。(これは通根説によった決め方です。) 

外格従旺格になる場合の考え方ですが、官殺については無気無根が原則なのはすでによ

く言われています。疵のある命式の場合、私は疵の干の強さを三倍にした強さと、

比劫両印星の強さを合計したものと比較して、同じ強さ以上を外格、

それ以上を内格とする基準を目安にとして使っています。

例えば疵の財が1干1支あった場合、合計の二を三倍にすれば六になります。

この時の日干を含む比劫敗、もしくは印の合計が六以上あれば外格、

それ以内を内格と言う様にです。

但しこの場合、月令が比劫敗印に関係あればその強さも計算して含みます。    

従児・従財・従官(殺)の場合 当然日干は無根が原則とされ、印のあり方については、

※素庵氏の子平錦綉集にのべてあります

(印星の透干の場合は、基本内格と教わっています。和珞)          

例えば日干が1干1支だけの様な場合その合計の二を四倍し、対する児財官に類する

干の合計が八かそれ以上あれば外格を採り、児財官中強いものを、

格の名称としています。勿論月令計算を含みますが、三種全象の場合、

特に従殺には児の位置に、即ち命式の配合(天干の並び方)に気をつけなければなりませ

ん。何故なら児は官殺を尅すからです。 前者の三倍、後者の四倍、

いずれもぎりぎりで外格になるものを、私は弱従格と呼んでいます。    

外格旺強の場合、疵となる干が二種の時は通常内格です。            

 

< 外格従官格有情の例 >

(甲己化土) ↓        (変化後の命式) 

          戊 己         ↓日干癸と戊は絆神の干合戊は三倍に

丙 癸 甲 己       丙 癸 戊 己               

辰 巳 戌 巳       辰 巳 戌 巳               

    (戊)            (戊)                 

 

〇変化後の命式を計算                         

日干癸1干辰1支(2)                          

丙(正財)1干巳戌3支(4)                               

戊(正官)絆神干合三倍 月令同気陽干二倍 3×2=6                 

己(偏官)月令同気1,5  6+1,5=7,5   戊己7,5戌辰2支(9,5)       

A日干2 対 B財官13,5   BはAの四倍以上           

正官強く 外格従官格                         

(命式の説明は、著書より詳しく書きました。和珞)                        

 化格の場合、渕源渕海では、日干と月又は時の干との干合のみを採用していますが、

任氏は微義で、年月の干合も月令と同気であれば化すと言われています。

例えば日干と時干が壬又は癸で月令を持ち、年月が丙辛で化となれば真化即ち化水格の

外格と言えますが、前例の様に、日干が癸で月令が戊又は己の時、月干の戊と再び干合

して絆神有情(外格従官)となる時や、又は時干が壬で地支に子亥の水支が多ければ内格

となる場合もありますから、やはり幾般の話がありと言わなければなりません。いずれ

にしても真化が良く、仮化が悪いとは一概に言えず、やはり運次第と言えるでしょう。

                           f:id:sihoin:20190815164116p:plain

( 和珞の余談 )

疵とは、外格従旺・従強(印星が強い)の場合、食傷財官の透干があればそれがに、

外格従児・従財・従官(殺)は日干が疵にあたり忌の干となります。

どちらの疵も、干関係で弱めたり、通根の地支を冲・支合で弱める時期は喜運で

最も良い時期の可能性があります。反対にそうした疵を強める時期は忌運で   

最も悪い時期の可能性が出てきます。                 

内格での疵とは、忌で強い干や喜で弱すぎる干を言います。

内格の疵についてはいずれ書きたいと思います。

この様に「疵」の意味を把握する事で、推命時重宝となり覚えておきたいものです。 

 数字的にぎりぎりの場合曖昧で難しい点や、特殊な命式が多くあり、

内・外格を決める事に苦労します。

 ブログでは そうした命式を紹介の時にはその理由をできる限り

示して行きたいと考えています。         

生前「命式には色々ありまして」が滴宝先生の口癖でした。

鑑定書をお渡ししてからですけど、鑑定の際には、大きな変動期が過去の時は「これで

良いですか、この時期はどうでした?」等と確認、

依頼者の方々は多くの事を話してくれます。

間違ってなかった事に安心!そして以後の鑑定の参考にさせて頂きます。  

※次回 新訳滴天髄、従化論№2は、重複干合の命式を実例を交えなが何点か紹介、

丁寧な作業で望みたいと考え来年以降に計画中です。

 

( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「嫡天隋輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「神峰干支体象詩」

            「子平学・四柱推命法深書」 「秘本 子平廣論」

 

< 子平学の基本 >

    ↓

sihoin-waraku.hateblo.jp

 ( 子峰院 関都佺人・和珞 2019/11/30 )

 

子峰院へのお問い合わせはこちら

  ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1