平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 従化論」を読む。№2 

劉伯温氏が編纂された「滴天髄」の従化論では、             

「化に真を得る者は、ただ化を論じ、化神又幾般の話あり。」

と言っています。   

今回は干合の中でも変化の干合 特に命式や大運で重複して起きる

変化の干合について書いていきます。                 

 

子平学 四柱推命 運命学                    

< 干合について >                         

〇干合には、年干と月干だけにおきる合去の干合と、日干と月干、日干と時間に

起きる絆神強化の干合の他、干合の組み合わせと月令の関係で起きる

変化の干合がある。  

命式で干合を見る順番は、まず変化の干合の有無を見て、

変化で無い場合は合去か強化かを見極めて格を決める。         

〇干合は、命式を作り上げるための最大重要過程である。

命式が出来上がれば内・外格が決まり喜神・忌神を分けられ、

                                   

  < 干合の組み合わせと変化の干合 >               

干合の組み合わせは、庚乙・戊癸・壬丁・丙辛・甲己の

五組の組み合わせがあり、変化の干合になる場合は、

以上の組み合わせに、以下の月令の関係で月令と同気の変化になる。    

〇庚乙は、月令が庚か辛(金)の場合は化金、

      庚はそのまま、乙は辛に変化。     

〇戊癸は、月令が丙か丁(火)の場合は化火、戊は丙に癸は丁に変化。    

〇壬丁は、月令が甲か乙(木)の場合は化木、壬は甲に丁は乙に変化。     

〇丙辛は、月令が壬か癸(水)の場合は化水、丙は壬に辛は癸に変化。     

〇甲己は、月令が戊か己(土)の場合は化土、甲は戊に変化、己はそのまま。   

※平岡滴宝先生からは 日干と月干若しくは日干と時干の変化の干合の場合

80%以上は外格従旺可能性があると教えられています。           

 

   <重複して干合を起こす特殊な組み合わせ>          

改訂版 あなたの運命のすべてより。                   

 「変化の干合の場合のみ重複して干合を起こす組み合わせがあります。

それは庚と乙の化金の場合と、いま一つは甲と己の化土の二種類のみで、

その起こり方はいずれも同様で、命式中では側干同士のみで、

運から命式への関係では年月日時の順に三度まで起り、

逆に命式からは運へも又同じで、

良くも悪くも運命的に天と地ほどの激しい変化が生じます。

 (変化前の命式)  (変化後の命式)

時 日 月 年   時 日 月 年 

乙 庚 乙 丁   辛 庚 辛 丁              

亥 戌 酉 未   亥 戌 酉 未              

壬 戊 辛 己   壬 戊 辛 己         

上の例は、月令が辛(金)で、日干庚に月干と時干の乙が重複して干合し、

双方とも辛に変化となります。月令が金であれば月干が庚で、

年と日が乙でも同様です。

 

    (運の干は己)

(変化前の命式)    (変化後の命式)

時 日 月 年     時 日 月 年        

甲 甲 甲 甲       戊 戊 戊            

戌 午 辰 寅     戌 午 辰 寅            

    戊                   

上の例は命式の年月日の甲に、運でめぐる己が順に変化の干合を起こした後、

時干の甲とは合去となります。庚乙の化金、甲己の化土いずれも

変化しない方の干への重複変化の干合で、めったに出会わない形です。

注、(いずれの例のような場合も、

   大運を出す時は変化前の元の干支を基準にします。)  

                      f:id:sihoin:20190815164116p:plain

< 運から起きる重複変化の干合2例 >                

行運での重複干合 例1                       

( 命式 女性 )

時 日 月 年    

印 比 印 印    丙1干未寅2支(3)

乙 丙 乙 乙    乙3干未1(4)

未 子 酉 巳    印比肩=7 

                                 

数字的には、比肩より印綬の方がやや強いが、力関係では丙(太陽)が強く   

格名は、外格従旺                           

※命式に中に水支の子があるため乙は全くの枯芝では無い

大運は丑の時期は、命中唯一の水支(日支)子を支合で弱め 45歳年運は庚が巡り

変化の重複干合(化金)で不調を訴えた。

翌年46歳から大運は、庚が巡り再び重複の化金が始まってすぐに、

46歳で雲膜下出血で帰らぬ人となりました。                  

 

(  大運  )           (行運での庚、変化後の命式)        

46 36 26 16 6       時日月年

× ✓ ✓ 〇 〇      財比財財

 己 戊 丁 丙      辛丙辛辛      

寅 丑 子 亥 戌      未子

  ✓ ✓ ✓ 〇    比肩丙1干巳未2支(3)

月干辛強化(3+2干)×1,5(月令)+酉巳2支=9,5            

格名は、内格正財 命式は大きく変化した時のことでした。        

何故、大運戌亥子運 年での庚の化金運で体調を壊さなかったのか?

戌は喜運、亥は喜の巳と冲で忌運だが燥を弱めて潤いを強めた。子は水支で潤い。

又土の戊己(食傷運)運は未が通根するが、比印7 対 食ないし傷2 

格名は外格従旺、破格起らず、命式は燥に近く、大運土の間は水支が順に

巡り土や乙が元気になるこれを「土や乙に愛嬌も出る」等と言い、

双方の干の疲れ方や推命も異なり特に他人からの理解が得られやすく、

忌運であって多少身の回りの騒がしさの可能性があっても

健康を酷く壊して生命に係わる程の事はないと見る。

 

行運での重複干合 例2                       

( 命式・男性 )                         

時 日 月 年                            

比 比 比 比  乙4干未亥2支 (6)                  

乙 乙 乙 乙  格名は 外格従旺                   

酉 未 酉 亥  乙未亥=喜 酉は=忌                 

辛 己  壬                            

 

( 大運・逆行 )                           

格名は外格従旺、比劫印(木や水)が強まる時が喜となり、弱まる時は忌となる。 

年運は5の歳に庚が巡る                       

43  33   23  13  3                         

× ✓ 〇 〇 〇                        

庚 辛 壬 癸 甲                         

官 殺 印 倒 劫                           

辰 巳 午 未 申                       

〇 ✓ ✓ 〇 △                           

申は行運の喜の水と忌の金を強め△、午は関支年では火は巡らず△とした。

大運33歳からの辛運は、辛が月令に酉2支と巳が通根4,5の強さで

年干の乙から時干の乙を順番に虐めて(この場合の辛は鋏)いき、

大運の辛運の始め33歳年運忌戊(正財)に白血病を発病 

乙が弱り切った年運の庚、重複化金の35歳に亡くなられた。

大運は庚運を待たずしての事でした。

 ( 大運忌辛運 年運庚化金後の命式 )

時日月年   時干の乙は変化後年運の庚と合去となる

 辛辛辛   辛3干(大運辛)4干(月令)巳酉3支 (9)

酉未酉亥   命式は大きく変動しました

31歳の発病から35歳の亡くなられるまで壮絶な闘病生活を送られたのでは無いかと

推定。どちらの命式も地支や大運の関係から賢く、周りの人達からの

期待が大きく、それに応え評価を上げる事に生き甲斐を感じる様な

活動的な人ですが、幾つかの行運では不調な時がある筈で丈夫とは言えず、

無理をしがちな面が伺えます。

 

「改訂版、あなたの運命のすべて」では言っています。

重複干合は「良くも悪くも運命的に天と地ほどの激しい変化が生じます。」と、

こうした悪い例ばかりではなく、運での重複変化の干合のある人の中では、

上司にはある時は邪魔者扱いされ、本人は自身を「不器用」と言う。   

その様な人が、人が真似出来ない様な仕事で成果を残した人もいます。    

それは又いずれブログにしたいと考えています。

( 干合の基本を書いています )

       

sihoin-waraku.hateblo.jp

 

 

子平学・四柱推命の基本

     

sihoin-waraku.hateblo.jp

 ( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「嫡天隋輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

参考文献  平岡滴宝著 「新訳・滴天髄」 「神峰干支体象詩」

            「子平学・四柱推命法深書」 「秘本 子平廣論」 

             改訂版「あなたの運命のすべて」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/01/19 )

子峰院へのお問い合わせはこちら

  ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1