平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 体用論」を読む。

 「滴天髄を編纂したのは、明の太祖朱元璋を助けた劉伯温と言う人で、

時代は1311年より1374年の間、元末期より明の初期洪武の時代に生きた人です。」

と新訳滴天髄・はじめに の項は始まっています。

 子平学 四柱推命 運命学

 

「道に体用あり、一端をもって論ずべからず。要は之を助け之をおさえれば、

よろしくそれを得べし。」

 

 ( 訳 )                             

 命式には内外の格があり、それによってどの干が中心となり、その中心となる

体干に対しどの干が用神となるかが決まり、それによって見方が決まりますが、

要は不足していたり、もっと強くしたい干を助けたり、又その逆に強すぎる干や

必要でない干を、合去や冲尅したりすれば、その時期は良くなります。     

 命式上では、すでに干支の配合は決まっていますのでどうすることも

出来ませんから、この様に運で調節することになりますが、その時は命式が体で

運が用とも言え、これが推命を考える道筋です。                      

 

(  追補  )                             

喜忌の取り方は、内格では不足の干が喜で、これ以上必要でない干が忌となり、

この調節法を扶抑法と言い、

逆に強い喜の干をより強くする外格では専旺法と言います。

 

< 和珞のもっと滴天髄・用神法 >                    

 平岡滴宝著、子平学・四柱推命法深書の用神法では、

「用神(用の干)とはそれぞれの命式において、最も注意すべき天干であると

規定することができます。用神が決まれば、その扱い方は次の通りです。

1、扶抑用神法(内格) 2、専旺用神法(外格)             

3、調候用神法 4、病薬用神                    

5、通関用神(両神成象格)の五法です 」と記しています。            

尚、両神成象格は、通関用神法扱いになっておりますが、

命式は色々あり扶抑法扱いをする事が多くあります。

命式で、夫々の体神と用神が決まれば、運で体・用がどの様な影響を受けるのか

の推命は、必ず必要になります。

              

 滴天髄の体用論はなんと短い文でしょうか、

しかし「一端をもって論ずべからず」と、そう簡単に片付けてはならない

と述べています。用神の取り扱い五法でも1冊本が出来そうです。      

次いで「要は之を助け之をおさえれば、よろしくそれを得べし。」と言い

之を助けるものとおさえるものを知らなければならないと言っています。

命式の天干を、尅や制又は合去で弱めた方が良いのか、

強めた方が良いのかなどを知る必要があり、その調節にはどの干・支が良く、

どの干・支が悪いのか等を知る必要があります。

命式の配合は決まっていますから、この命式の配合を変えられるのは、

運での干や支しかありません。よって「命式が体で運が用」と言う事になります。

しかし、残念な事に現在では、四柱推命と言いながらこの考え方は

古いと言われ無意味とされる事が殆どです。

 若かりし頃「人には誰でも大小はあるけれど、人生には落とし穴みたいな

物があってね。特に気をつけなければいけない人は、我が世の春を

長い間味わった人が、突然それに襲われれば落とし穴は大きい事。

でもそうでない人にもこの落とし穴はあって、それが何時訪れるか知ることが

出来るとしたら・・・」等と話して仕事を頂いた記憶があります。

又、この仕事をしていますと神様はなんと不公平なのかと思う事がありますが、

神様からは「運が悪いのです。」と、

交通整理で検問に引っかかった時に、おまわりさんから言われそうな事を

言われそうです。

何故子平学は運命学なのかと、多くの占術者、それも大御所と言われる占術者の

方々が非難の大きな声を上げます。

この世界は、大御所の占術者の考え方が正しい、とされる世界ですから、

私の様な小者の意見は、この世界に取ってはチリの様な物です。

しかし私は頑固としてこの論を信じ、できるだけ息づいた推命をして参ります。

 落とし穴の時期だけでは無く、才能の開花の時 苦難、辛抱、下積み、

名誉、昇進、事故、病気、名声、財の変化等々、多くの可能性の時期を

大運で知ることができます。良い命式だからと言って本当に知能、財、才能、

地位の全てに常に恵まれているのでしょうか?

神様が言ったかどうか知りませんが やっぱりそれは「運」のせいでは?

現実的にも子平学は、運命学だと信じるに値する学問だと言えます。      

 ある90歳の詩人として90歳以降にその才を開花、多くの国々人々に

勇気と希望を与えた人がいました。その方は90歳過ぎて息子さんに勧められ詩の

創作を始めたそうです。稀ではありますが年老いて初めて才能が開花する

時期があり、目もくれなかった事に出合い興味が湧く「運」は

手品師の様なもので、手品師は占術者でも推命師でも無い事は確かです。

                f:id:sihoin:20190815164116p:plain

( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「嫡天隋輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

ブログの参考文献 平岡滴宝著「新訳・滴天髄」「子平学・四柱推命法深書」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/04/29 )

 

子峰院へのお問い合わせはこちら

     

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1