和珞に取っての「滴天髄 精神論」

 今回は、滴天髄 精神論の課題の一つでもある「偏」について実例の命式を

使って書きました。                         

 「新訳滴天髄」の精神論では、金水木火は平均して配合されていて

ほしいものです。でなければ、内外格を問わず強弱のバランスがくずれた時、

成敗は勿論のこと、禍福病的にも困った結果がおこります。

追補では、地支に亥子丑の多い命式や 巳午未の多い命式も偏りで「偏」と

言えるでしょう。と書いてあります。次の二例の命式は文字通りではありませんが

夏生まれに火の地支が多い命式と冬生まれに水支が多い命式です。

病的については多くの方々が述べられていますので、

私は偏りの命式で成敗禍福について書いてみたいと思います。

又「子平学・四柱推命法深書」でこの様に偏った命式は定職に就き難く、

路頭に迷う可能性があり、できれば才質を生かした職業に就くべきと

述べています。それに当たりましては人生の早い時期に「才質」を見つけ

思春期 学生時代に才質を延ばす時間に当てる事は

最善の一つの手段と考えています。

 

< 命式A・男性 >                             

時 日 月 年                             

敗 比 官 才    戊己2干戌未3(5)        

己 戊 乙 壬    壬1干0支((1) 

未 戌 巳 戌    乙1干未1支(2)  

    丙      A比敗5 対 B官財3             

 

Aが強く忌 Bが弱く喜となるはずが                 

忌の干=丙丁戊己庚(喜の乙を合去)辛(喜の乙を尅す)癸(化火)     

喜の干=壬甲乙                            

となります。 内格正官格、身旺、調候用神は壬              

壬の透干あって一見湿の命式に見えますが 月支は巳五月夏生まれ 

月令は丙 戌巳未の4支は全て火の地支に当たり 夏生まれ1干0支の

壬は水溜りの様なもので、未の根を持つ乙は壬水を吸収して

壬はかなり弱まって4支の火の地支は「燥の命式」となる。

大運の喜忌は上記の通りとなり、行運での最大のポイントは

癸運で、月令が丙のため癸と日干戊と化火 戊は丙 運の癸は丁に変化 

運の丁は壬を合去命式は大きく変化します。                   

丁運は、壬を合去、命式は内格から外格従旺と破格、水気は全くなくなる。  

丙運は、月令は丙二倍の強さに4支が通根 丙火は6の強さになり

喜忌変遷偏った上に、変動の大きい運が多い命式で本来なら波乱万丈型です。

又そうした大運に火や癸運が重なる年運は特に慎重を要します。

これと言って才質が現れていない命式ですが、渕宝先生は地支の中の才質を指摘 

中学生の頃 自身の行く道を決めました。大学は選ばず三つの資格が取れる

専門学校を選択 主に大学を卒業した方が行く学校で 

説明会では「現役高卒は無理と考えた方が良いでしょう。」と言われたそうです

が、入学試験一次は三科目の教科に小論 二次の面接は適切を

問われるものでしたが無事突破しました。

 大運は7歳運で順行 丙午丁未と進み 国家試験は21歳、

大運は節日を目前とした丁の範囲で壬を合去、年運は癸運(化火運)の範囲で

最悪の時期でしたが三つの資格を手にしました。

才質を生かして運に逆らっての奇跡と言えるのではないでしょうか、

勿論彼の努力の賜物です。こうした命式は、資質を活かした技術を身につけた

生き方とそうでないのとでは雲泥の差がつくのは当然で

波乱万丈の人生を改善出来る事は間違いありません。          

命式の長所は、大運での化火運は晩年喜運を十五年ほど経験した後に巡りますし、

例え他の行運で化火運があったとしても最悪の山崩れ運のない事です。 

加えて日干(本人)戊山は燥土ですが、通根の地支は3支は頑張りが効いて

打たれ強さにあります。

大運のその後は戊申己酉庚と進み 申を除けば忌運です。

資格を生かした職に付き仕事を変える事無く頑張っています。

忌運続きは当然きつい事が多くありますが、

一生懸命になれるものがある事は精神的にも救いがあります。                       

 

< 命式B・女性 >                            

時 日 月 年     月支は子 月令は癸 12月冬生まれ 

敗 比 殺 食     甲乙2干寅辰2支(4)  

乙 甲 庚 丙     丙1干寅1支(2)  

丑 寅 子 辰     庚1干丑1支(2)

          

A比敗4 対 B食殺4 内格偏官格 身旺

 平均が取れた命式、庚は丙に尅され、寅辰を根を持ち丙に逆生された

甲は強く元気。

庚と甲では傷つくのは甲である為 Aが強く忌となり 庚は喜 

丙は忌の甲を逆生して忌となるが・・この命式は丙の透干あっても 

辰子丑の水支多く「湿の命式」丙は調候用神で喜忌を兼ねる。

運での喜忌はAが忌 Bが忌となるはずが、平均が取れているため

喜忌変遷が起る事が多い命式である。                      

忌の干=甲乙戊己辛(化水)壬癸  戊己は喜忌変遷           

喜の干=丁庚    丙は二丙となっても冬生まれで△         

行運でのポイントは壬癸の水運と 丙と化水となる辛運は最も命式の変動強く

注意を要する。この方は幼少より秀でた才能を除かせていましたが、

親御さんはこの事で本人を支えるのは経済的に無理と考えていました。

滴宝先生は彼女にはこの道しか無い事を伝えると、

両親は彼女を支える事を決めたそうです。

大運は五年運、逆行で己亥戊戌と進み、己は強化三倍に辰丑が通根 

戊運とも喜忌変遷で忌財運となり出費はありますが、

喜となった寅辰を持つ甲乙がそれを酷しますから、

こうした時期学生は学べる環境が 成人は好きな仕事があれば

必ず成果を挙げる事は可能です。

己財は強化に辰丑 戊財も辰丑の基盤は大きくその成果は決して

小さくありません。進路となる大学を一校に決め高校生より到達度テストを受け 

受験は推薦で難なく決めました。

その後の大運は丁酉丙申と続き悪くはありません。

再三の相談には私が受けてきました。その頃は背中をどんどん押し捲り、

早朝から夜遅くまで逞しい男性の様に働きました。

三十歳前後結婚、現在は家庭を重視しながら資格を生かした仕事で

頑張っています。

丙に尅された庚喜殺の出方は時に優しく時に厳しく強い正義感、

強い忌の日干は竹を割った様にあっさりとして 丙食の朗らかさ 

どれをとってもこの方の魅力は無くなると周囲の方達の評価です。

この命の一番の良さは、天干の水運や大運では丙辛化水の時期が晩年になり、

次いで湿であっても冷では無く暖かさがあります。

よって甲乙は根腐れにはなり難いが、子丑運にはその恐れが出てきますが 

それも大運では百年以内では巡らず長所といえます。 

財運での喜忌変遷で背を押しましたが、

年運で日犯歳君となる命式は注意喚起を起こったってはいけない

時期があります。この命ではそれも無く長所となります。

二つの命式は偏ってはいますが、幾つもの最悪を逃れ 

質を活かしての人生平々凡々でいける筈です。

 

どちらの命式も、大事な最終学校の入試時期は忌運でしたから、

 早くから希望校を決め、下調べを入念に有利な方法を研究し、

 高校の先生方にもかなりの協力を得て、入試には臨んだ様です。

                       f:id:sihoin:20190815164116p:plain

 滴天髄のこうした論に意を唱える専門家は少なくありません。

しかし、全ての論は絶対的を言ってはいません。

多くの仮説を唱え提議を投げかけてくれたのだと個人的に思っています。

命式は八字 いえ 地支蔵干を見れば十二字にもなり そこにイメージする事は

本当に沢山ありますから、当てはまる論を使うだけでも推命は多くの事柄を見抜き

見逃しが少なくなります。

これは一般論ではなく、私が子平学・四柱推命に対する向き合い方です。      

 この二人は、自身の進路を語る時は子平学・四柱推命の話が出る様で多くの方を

御紹介頂きました。                         

 支合・冲について、精神論では、例えば干合や冲・支合で五気の持分をさぼり

役目を果たさなければ命式の四柱は偏り成敗禍福病的に困った事になると言い。

体用論で言えば、大運でも変化があってその時期を見抜く事ができるはずです。   

元運四つの柱から地支で見る六親は 年支は母親 月支は兄弟や社会環境の人 

日支は伴侶 時支は子供。冲は喧嘩 支合は仲良しと見ます。

冲・支合は、そうした人達の関係を現していますが 複雑な現在社会その

出方も様々です。命式の持ち主である御本人に取って、

その有り様は印象的で聞けば饒舌に話してくれます。

ブログでは刑害破を含めその多くを紹介して参りました。

解冲解合は身持ちが悪い等と言い経験上出方ははっきりしていますが、

その意味をそのまま捉えずに運でどうなのかを注目してみる方が肝要と思います。

 

 参考文献 平岡滴宝著「新訳・滴天髄」「子平学・四柱推命法深書      

           「秘本 子平廣論」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/06/13 )

 

子峰院へのお問い合わせはこちら

  ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】 

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.htm

 

子峰院のツイート

https://twitter.com/sihoin1