平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 衰旺論」を読む。

 ( 衰旺論 )                            

 「よく衰旺の真機をしれば、それに於いて立命の奥は半ばを過ぎる。」

 

    ( 訳 )                              

 「時を得れば即ち旺じ、時を失すれば即ち衰ろう」の楽吾氏の言う様に、

天干に透干している夫々の干の内、どの干が生月と同気になっているのか、

又その時の干の強さ等のことを知っておれば、

その命式の読み方を半分以上知っていると言えます。                    

 ( 追補 )                             

これは通天論最後の二行、五陽従気五陰従勢の重要を再び言ったものと

言えますが、これでは各干が季節に逢えば、具体的にどの位の強さになると

考えれば良いのかさっぱりわかりません。

 私は楽吾氏の子平一得論羊刃の項や、各氏を参考にして、

月令が陽干で同気の場合、即ち陽干同志であればその力は二倍とし、

同じく天干が陽干で月令が陰干の場合は、その天干は三倍の力になると

計算しています。 

 天干が陰干の場合は、月令の陰陽を問わず1・5倍で、

前者はそれ以上の力を持つと考え、後者はせいぜいそれ迄と計っています

(大運や必要あっての年運での月令と同気、

   同じく計算してその良し悪しをはかります。和珞) 

 

「滴天髄」は、明代を起こした朱元璋の軍師で、無神殺を展開した劉基伯温氏が

  残されものです。

 

( 例・命式 )  通根表採用  

時 日 月 年

印   倒 官               

己 庚 戊 丁

卯 辰 申 卯

乙 戊 庚 乙

 この例の場合、日干が月令と同気で陽干同志です。

庚の比肩(日干)は1干ですが二倍と見ますから2干1支で

申が通根しています。

戊己は辰が通根していますから、偏印・印綬の力は2干1支

丁火は無根の正官で1干0支 

比が3、印が3、計6と強く、官に根がありませんから外格従旺格です。

 比と印は数字的には同じですが、申は月支であり、辰を根に持つ戊己土は

庚を良く生じ土生金を考慮して、庚の方が強いと見て従旺格を採用します。

                   f:id:sihoin:20190815164116p:plain

 旺衰について、                          

滴宝先生は、子平学・四柱推命深書での説明では、            

 地支と天干では作用がちがいますし、干は干でも力量が異なります。

そして天干の力の方が地支蔵干より強い事は、すでにご承知のとおりです。

 さて旺衰とは命式の各天干と生月との関係、

即ち各天干と生まれた季節との関係です。               

 旺衰を生日と月支のみの関係と思われる方がおられれば

それは不十分です。                           

 滴天髄はいいます。                           

「よく旺衰の真機を知れば、そこにおいて立命の奥は、思いなかばをすぎる。」と。

これは月令によって、各天干との強さを正確にはかれる真の秘密を知っていれば、

推命の奥義は、半分以上知っているということになると言う意味です。

 月令とは、月支蔵干のことで、この蔵干は各天干が生月にどのように反応して、

どれくらい強くなるかをはかるための、具体的に表現された干と言えます。  

又氏は言います。「五陽は気に従って勢いに従わず、五陰は勢いに従って

情義なし。」と。

 これは天干は季節に反応するけれど、陽干の方が敏感に反応し、

陰干の方はあまり反応しないと言っているのです。

 具体的には、天干の陽干は生まれた季節(生月)に反応し、

同類の干や生助の干に出会う方が月令に会うよりも強くなる事を言っています。

この説明にはよく印星や比劫とあるところから、日干がと狭義に

理解されているのではないかと思われます。 

 月令は季節と天干の気との関係であり、

 決して各地支迄強めることはありません。

    

 

( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

 清代の初め  陳素庵氏  「滴天髄輯要」(註釈本)

 その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

 近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

 近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

( ブログの参考文献 )                          

 平岡滴宝著「新訳・滴天髄」「子平学・四柱推命法深書」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/07/04 )

 

<子峰院へのお問い合わせはこちら>

     ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1