平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 中和論」を読む。

( 中和論 )

 よく中和の正理を知れば、五行の妙において 全能あり             

( 訳 )                                 

 中和とは中庸の意味と同様に考えて結構ですが、これは子平学での内格と

しての大切な考え方です。各注釈でよく疵と言う言葉が出てきますが、

内格では主に強い忌の干や、喜で弱い干を指し、外格では不純の干を指します。

そうした疵のある命式が、運等で五行的に調和されることを知って下されば

推命は随分上達する筈です。                      

 

( 追補 )                                

 調節の件はすでに体用、精神の項でのべられていますが、

調節の方法としては、扶抑、専旺、両神、調候、病薬の五法が通常用いられます

私は内格と両神を扶抑、外格を専旺と二法を主用し、調候はごく特異な格に、

調候はごく特異な格に、病薬は命式上での重要なポイントを見る方法として、

補助的に使っています。

                f:id:sihoin:20190815164116p:plain

< 和珞のもっと新訳滴天髄、中和論 >          

平岡滴宝先生は著書の中で「調節は運でしか出来ません。」と述べています。

調節と言うからには、中和論は、もっとも良い時期への道しるべの様なものと

考えて良いと思います。調節、調和の取り方の順序としては、

まず命式の喜忌を決め、次に大運の良し(喜運)悪し(忌運)を決めていきますが、

喜運の中でも、最たる時期を見極める糸口です。              

 (訳)では、「子平学での内格としての大切な考え方」と述べています。

内格(扶抑)の場合それだけ調節の仕方が難しい格と言えます。

内格とは、(日干や日干を強める、比肩・劫敗財・印星)のグループをA 

日干を弱める(食傷・財・官)のグループをBとに分けた場合、

AとBのバランスがある程度取れた格で、そのバランスが取れる程

良いとされています。シーソや天秤の様なものと考えていただければ

良いかと思います。しかし運次第では、AとBのバランスが反対方向に

傾いたり(喜忌変遷)、内格から外格へと変わる(変格)時期がある

命式があります。その様に命式が大きく変動する時期は忌運となり、

通変星だけの考えでは誤りが生じます。

そう言った意味でも内格は難しい格です。

又、内格には命式のあり様で、

神成象格と同様に、忌の印星格、傷官見官、食神制殺などは

喜忌のとり難い命式です。

両神成象格は、用神取法での用神と日干の関係で、格名は幾種類かに

分けられますが、一応強い方が忌の干と考えれば良いと教わっています。

両神成象格は、形象論で触れてきましたが、

調和の取り方は通隔論でも説明が出来そうです。

又、AとBが数字的に平均が取れた命式でも、喜忌の取り方に苦労があって、

調和は取り辛い命式の分類に入る可能性があります。

 

傷官見官、食神制殺では、命式次第で運や命式で、同じBグルプでありながら

日干と児・官の関係で、児・官の喜忌が分かれる事が多々あり注意を要します。

 

忌の印星格について、ある日のツイート

「内格で、日干が1干0支と弱く、印星が日干の四倍「以上」の

様に強い命式は「忌の印星格」と言い、特徴的です。

忌の印星の親はかなり甘く、まずこの様に書くだけで気を悪くします。

例えば財透干あれば、遠まわしに自分は損ばかりしていると

上手く親に訴え、親は本気に捕らえて財で甘やかし、

結局兄弟では親から受け継ぐ財は、この人が一番多く手にする

徳な命式と言えるかもしれません。現実では親の大財の殆どを手にし、

兄弟は一文も手に出来なかった例を見て来ました。

滴宝先生は 忌の印星格には 財の透干があった方が良いと

著書に書いています 」等と馬鹿な事を書きましたが、         

先生が言う、忌の印星格で、財干透干の長所は

決して財が手に入るからではありません。

財干は忌の印星を尅す所に良さがあって、

その短所を軽減する役目をするからです。

 

次ぎは、忌の印星格で財の透干ある命式です。

< 忌の印星格・女性 >

時 日 月 年    卯酉―冲 子午―冲

倒   財 印    壬1干0支 (1)

庚 壬 丁 辛          庚辛(令)2干0支 (4,5) 

子 午 酉 卯    ↑月令辛 庚は3倍 辛は1,5倍       

    辛      丁(強化三倍)3干0支 (3)

A日干印5,5 対 財3                       

用神取法―扶抑法(内格)                       

内格で、日干が1干0支と弱く 印星はその四倍以上で忌の印星格。    

基本、忌の印星格は印星と官が忌、日干比敗児財は喜となるますが、

この命の場合、例えば日干が1強まれば 印4,5 日干は2となり 

印星はそに四倍以上とはならず、普通の内格になります。

平均はA6,5 対 B3となり、Aが強く日干や比和の干運は忌運。

地支で日干を強める時期も同様で忌運となります。

この命の丁正財は、日干と強化の干合で、合去で消える事はなく

喜財縁は生涯続きますから、その象意は自身の浪費になります。

今回は内格で見方の難しい命式として忌の印星格を取り上げてみました。

 病薬につきましては、清濁論で説明が出来そうです。

病薬と言っても病気や健康のことではありません。命式中短所となる干を病 

それを治す干や地支を薬などと考える論です。

(訳)での、外格は疵や不純の干もそれに当たり、

中和論は、外格での調節、調和法のヒントにもなりそうです。

 

( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「滴天髄輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

( ブログの参考文献 )                          平岡滴宝著「新訳・滴天髄」「子平学・四柱推命法深書」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/08/12 )

 

子峰院へのお問い合わせはこちら

  ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1