平岡滴宝著「四柱推命の秘則 新訳滴天髄 順逆論」を読む。 

順逆ととのわず、逆すべからざる者はその気勢に従うのみ。     

 

 ( 訳 )                               

「長江の如き大河は、順流直下、逆すべからざるなり」。

楽吾氏の言ですが、特に強い力を持った干に対しては、

調節の方法を使わず、その気勢に順応する方法を採用した方がよろしい。                

(追補)                             

これは外格に該当します。このような場合、体干に尅干の強さによっては、

「死ぬことさえある」と言う例がよく挙げられます。           

例えば従旺格の場合、印が混ざって格が成立している方が良いと、

よく言われるのですが、それは官殺がめぐって来た場合、

印が通神となりその害が軽減されることを意味します。

ですから比劫ばかりの外格では、官殺を非常に恐れるわけです。

従強格(印の方が強い格)の場合は、財が尅干にあたり恐ろしい相手です。

従旺格に印が混ざって良い意味は他ににもあり、印の性格や自分を巡っての

環境の良さが有利と言え、印星の効果をも言っています。

この時の印星は必ず喜の干となります。

                 f:id:sihoin:20190815164116p:plain

< もっと順逆論、和珞の余談 >                  

「気勢に従うのみ」とは、強いものには従えと言い、「強い干は強い程良い」

と言っています。上記追補の外格従格の事で用神取法は専旺法に当たります。

同じ四柱推命でも、どの命式も五気の調和が取れていれば全てが上手く行く、

即ち木火土金水が命式に程よくあれば良く、なければ運で巡る時は全てが

良くなるとの、推命法を目にしますが、

外格で取れば、それとは推命の判断方法は真逆になります。    

 

< 命式・男性 >                          

時 日 月 年   干合・冲・合無し 

倒   傷 比   癸2干(令3)子亥2支 (5)  

辛 癸 甲 癸   辛1酉2支 (3)                    

酉 亥 子 酉   甲1干亥1支 (2) 

辛 壬 癸 辛   A8 対 B2                  

   AはBの三倍以上で外格従旺 5年運逆行 

   喜の干=壬癸庚辛丙(化水)己(忌の甲を合去)            

        忌の干=甲乙丁戊  

大運は癸亥と逆行で巡ります。青年期には一流大学を卒業、

実家の事業を継ぎ50歳までは順風満帆でしたが、

大運は50歳未(忌の甲を強める)運辺りから体調を壊し65歳からの丁運 

丁卯年クモ膜下症で倒れ生死の境をさまよった末、

後遺症で言語や手足の不自由で車椅子生活を余儀なくされた人です。

この前記の様に五気の調和で喜忌の判断を下せば、水金の強い命式ですから

大運逆行5歳からの癸亥 15歳の壬運 25歳から辛酉 35歳から庚申運は

必ず不調期で体調も優れなかったはずですが、そうではありませんでした。

五気は木2・火0・土0・金3・水5と取りました。

この方は働き盛りを満喫した人です。

しかし 体調を含め若くして長びく不調期の人は夭命の可能性がありますが、

運を知り意識するだけで、運の悪さを軽減出来る事は確かです。

私は絶対にこの命式は、外格の判断で推命をいたします。

上記の命式も喜運は風邪一つ引かない人でしたから、

健康面でも自信過剰になっていた可能性があります。

水金の強さからくる生命力の強さは、運を知り意識するだけで、

少なくても健康面での不調は軽減でき回避できる可能性は充分にありました。                   

他に好きな事がありましたから、何度も推命を辞め依頼を断わり

好きな事を優先、人生を楽しもうと思った事がありましたが、

こうした命式に出会う度「私がやらなければ」と思い辞められずに来ています。       

子平学での「調節」とは、簡単な説明としては、大運で忌の干を洩制尅、

又は通根の地支を冲・支合で弱める時期や、喜の干は比和や生や通根で強める

時期は良くなります(破格に注意)。

外格で「五気が揃えば良い」の推命をすれば上記の「死ぬことさえある」

に該当する時期が多々あります。

そんな事はどうでも良いのだと言う意見もありますが、

子平学に取ってはどうでも良くはありません。

特に子平学は大運を得意とします。大運の吉凶を推命するには、

内外格を決め、命式の干支の喜忌を見極め、

その上で大運の喜忌を見て行く事になります。( 和珞 )

 

 ( 滴天髄の訳本や註釈本で、新訳滴天髄の参考文献の一部 )

清代の初め  陳素庵氏  「滴天髄輯要」(註釈本)

その後    任鉄焦氏  「滴天髄徴義」(訳本)

近世     徐樂吾氏  滴天髄徴義を更に①註釈や②補註を書物に

近世     袁樹珊氏  「專闡微」滴天髄徴義を更に註釈

 

( ブログの参考文献 )                          平平岡滴宝著「新訳・滴天髄」「秘本・子平廣論」

 

( 子峰院 占い人・和珞 2020/10/21 )

 

子峰院へのお問い合わせはこちら

  ↓   

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html 

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1