息子は、音信不通なんです。

 お母様からの相談です。母親は地主 そして両親は不動産業を始めとする母親系列(父

親は御養子)の事業を受け継ぎ、中小企業としては珍しく黒字経営事業の経営者。跡取り

であるはずの息子は若い頃より家を出て 遠い地で伴侶と息子の三人暮らし、気の合う

仲間と農業の仕事、そして両親が経営する会社の役員報酬で生活をしているとの事。相

談内容は、本人とは疎縁状態で、その解消と会社経営の跡継ぎの可能性の相談。

 

<  命式・男性  >  

時 日 月 年    季節は春、丙辛(合去)

才          卯酉(冲)

丁キ 癸ィ辛 丙    癸1干0支 (1)

巳キ 酉 卯 午キ    丁1干 午巳2支 (3)

丙キ 辛ィ乙キ 丁キ     格名)(異形)外格従財格

 

< 命式は >

〇癸と丁の強さによる干関係は、日干(本人)癸は1干0支と弱く空気中の湿(湿気) 丁(喜

財)1干に午と巳の通根は地上の強い火で 癸(湿気)は丁財に逆らっていない。

〇外格従児・従財・従官となる目安は 基本A(日干印比劫敗)グループ1 B(食傷財官)グ

ループ4以上の割合を目安にしています。細部的には少々異なる場合がありますが、格

を決定する場合や破格運等に使えて便利です。

       (平岡滴宝著 子平学・四柱推命法深書より)

〇この命式の場合A1対B3で 内格の範囲ですけれど月令の乙は側支の午(蔵干丁)を強

め 年支の午は丁をより強めている。日干癸は強い丁に逆尅にあい蒸発し1より弱く 

A1-α 対 B3+α は4倍以上と観て外格従財格とした。外格従財格にした事で 

性格、境遇、過去の運勢などがマッチし間違いない事を確認。

 

< 干支の喜忌 >

干へん

喜の干=甲乙丙丁戊己壬 (月令は乙(木)で壬運は月干丁と化木、

壬は甲 丁は乙に変化すして喜運。)

忌の干=癸庚辛

地支へん

〇喜午と冲の、支合のは忌  〇喜巳と冲の、支合のは忌

〇其の他 壬癸(水)ー子辰(解冲解合、辰だけが水を強める)は忌  

〇丙丁(火)ー巳午寅戌(解冲解合、戌だけが丁を強める)は喜

は行運の金(印星ーA)に通根し忌 閑支で影響は少ないが年運干等に要注意。

 

< 大運 >

7 17 27 37 47 57 67 77 87 97

喜 忌 喜 喜 喜 喜 喜 喜 忌 忌

 癸 甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛

傷 比 傷 食 財 才 官 殺 印 倒  

辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑

忌 喜 喜 忌 忌 忌 喜 忌 忌 忌

 

< 命式は >

年支午(蔵干丁=偏財・母親)は時干の丁(偏財)に通根 時干丁から時支巳(蔵干丙=正財)に繫がっている。母親の財年支は時干へと 時干(将来)から時支(次世代子供)へと母親の財が受け継がれ財は一生涯保障されている命式。

 

< 性格・健康 >

〇日干1干以下の癸は、強い丁に逆尅で臆病で大人しい人

〇癸を弱める干支があっても強める干支無く、自身の弱さをよく知っている人、よって

強い財を尅す元気や気持ちが無い。(財的な才能や欲の無さ

〇水気は人間に取っては生命力、強い丁火に逆尅の日干の弱い癸水はどちらかと言えば

虚弱体質、火気(丙丁や火の地支)が強まる時は喜運であっても健康面での留意が必要な

時期。

 

< 大運は >

12歳から21歳迄の忌運 癸を強め破格 日干強めての忌運、自我意識が強まり思いま

まの学生生活で小遣いを使い 忌運での学生生活を全うする為の費用がそれなりにか

かった期間と推定。忌運であっても本人は苦労と感じていないはず。

22歳巳運からは喜運続き、巳運からは気楽でしたい事をして生活が出来る時期となる

が、火気が強まる時期は健康に要注意。

52歳からの申運は 時支(将来性)の喜の巳と支合で、やる気が減少の時期

忌運であっても喜運の谷間であり、冲でもなく酷くは無いはず。

67歳より81歳までは 67歳より戊=正官 72歳より戌の蔵干に戊=正官

77歳から81歳まで己=偏官と 喜の官運が巡る。特に戊は日干癸と強化の干合三倍で巡

り地位の向上の運となる(会社が発展の可能性)、会社ではトップの地位の可能性がある

ものの 意欲と力が無く地位とは名ばかりでその仕事に直接携わる事はなく名前と報酬

だけを手にする可能性。会社の安定性も意味している。

晩年の健康面では 82歳からの亥運は、時支(将来性)の巳と冲で健康面での不安。

(87歳から)、辛(97歳から)の印星運は忌運、巳1支が通根 強い丁財が金を尅す し

かし時干の丁は金(庚辛)を尅す事に疲れる、特に庚運は丁が疲れ出費と健康面での不

安、そして印星が尅され痴呆症の可能性。

※晩年の健康は、若い頃の観方とは少し違いがある。

※本来壬運は 丁を合去の干合となれば忌運で命式は大きく変動し酷い調候となるが、

この場合月令が乙で 壬丁は化木 木を洩らし丁を強める木火通命で喜運 かなりラッ

キーな人である。

※格名1つ取り上げて、嘆くものではないとつくづく思う。

 

< 母親との疎縁問題は、>

お母様は言う「音信不通なんです。」と、命式の年支(母親)から時干 時干から時支に

繫がり生涯係わっている よって連絡をすれば応答はあるはず、しかし 日支酉(伴侶)

は、月支卯(社会性や兄弟・身内等)と冲(喧嘩)で 伴侶が連絡を嫌っている可能性があ

る。酉(日支・伴侶)と午(年支・母)は相性が悪く不利なのは酉。日干癸(本人)と午(丁)の

相性も悪く、不利なのは癸である。距離を置くのは本人が楽になる為 感謝の気持ちは

必ずあるはず。

 

< 夢は >

お金より 生涯気楽に暮らす事。それを考えれば、精神的に苦労の時は67歳の戊運の始

めには 多少のスッタモンダの事情が起こる可能性があり、精神的な苦労から免れそう

にもありません。

 

( 子峰院 推命士・和珞の鑑定例 No34 2018/05/01 )

 

子峰院 【最新改訂版 子平学 四柱推命法 皆伝書】

http://sihoin.web.fc2.com/shihei9.html

子峰院ホームページ

http://t.co/XRxE0QDoby  

子峰院ツイート

https://twitter.com/sihoin1