「事足りて頑張らない」のではなく、頑張るんです。

渕宝先生からのクレームで、推命(四柱推命・子平学)し直しです。

「事足りて頑張らないのでは無く」こんな結末になりました。

「猿も木から落ちるではなく、豚も木から落ちる」です。

平岡滴宝著 子平学 四柱推命法深書から、十天干体象 甲→戊より

命式) 女性

時 日 月 年]

才   才 財    

戊 甲 戊 己  甲(月令乙3 (辰2)未3 6

辰 午 辰 未  戊己3干  (辰2)未3 6

戊 丁 乙 己  日干敗6 対  財6

  (格命) 内格 両神成象格 

 

命中の喜忌

日干比敗と財は6対6とバランスが取れている

甲は月令が利いて強く戊己を尅しているが尅しきって

はいない よって戊己が強く忌で甲が喜となる。

喜の地支―未 忌の地支―午 喜忌―辰

 

<性質>

一口で「健康・働き者でよく稼ぎよく使う人」

日干は強く喜 そして陽干 落ち着きあって平和的

独立心、実行力共に優れている。

辰は干支体象詩では「長養堪倍」と命式に良く働けば元気印 

命中の未午の蔵干に火が含まれている、辰2支は自刑だが

バランス的に返ってよい働きをする。よって戊己土の質は良く

甲木の質もよく健康である。

命式の月干(社会運)の財は仕事運を意味し、仕事はついて回る

時干にも財が透干で生涯仕事がついて回り忙しい人。

戊己は忌財、日干に力があり難題や安価な仕事を

押し付けられても引き受け、無理をし過ぎる人。

お金は稼いで使い、使う事を恐れずに財は残さない人。

そう意味での経済観念の乏しい人。

日干甲この場合月令付き(郡劫)が 戊や己財に会えば

根を下ろし尅したくなる。この命式の場合 

未は蔵干に火があり水(養分)を欲しがる不足の部分で、

より根を下ろし不足を求め頑張る人、

こうした見方は重要であると、平岡渕宝先生の言葉でした。

 

<大運> 干へん

己運は、日干と強化の干合で己は三倍の忌財運

年干(父親)も己の忌財で、幼少の頃からの貧しは

実家の貧しさと言える。

庚運は、忌運であるが地支は0支で傷つくのは、この命式の場合

甲木より庚(鉈)である、庚は偏官地位的な変動は無く、

頑張りが利く、時18歳と言えば大学進学時期ですが、

生きる目的は稼ぐ事で「学校に行く時間が勿体無い」などと 

働く事を優先し、学歴を気にする人でもなく、

大学には行かないと推命。

庚運の前の巳(火)運も 財を増やす事を考え 貧しい家庭から

抜け出す事を考え、高校すら行く気が起こらないでしょう。

辛運は、忌運庚運と同じ事が言えるが、手応えが無い分

庚運程頑張らない。

壬運は辰2支が通根計3 日干印9 対 財6で

内格となり破格で忌運 日干印は忌、甲は湿木 

戊己土は泥土 壬は濁壬その調候は、考えは浅はか 

木も土も質を落とし収入減、出費過多、大切な人財を失う等

好き放題の行動で印の助けを得られない状態 

人生の苦渋を味わう事になる。

※印の助けとは 六親で言うとこの 

 自分を助けてくれる目上の人で、親や親戚の目上の

 人や、会社関係では味方をしてくれ、助けてくれる

 上司がそれに当たる。

癸運は忌財月干戊を合去する 年干の己が日干

と強化の干合で三倍 日干6 対 財7 忌財が1

増え忌運 

甲運は、忌の己財を合去で喜運と、乙の喜運は

財とのバランスが取れ稼げる時期。 

丙運は甲と戊己に作用二分し喜忌△。

丁運は甲を洩気で戊己の忌財を増やし忌運

 

<大運>順行 8年運

忌 忌 忌 忌 忌 喜 喜 △ 忌 忌

8   18    28   38   48   58    68   78   88    98

己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙 丁 戊

財 殺 官 倒 印 比 敗 食 傷 才 ←運の蔵干

巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑 寅 

忌 忌 喜 忌 △ △ △ 喜 忌 喜

 

<大運> 地支偏

・喜の未を冲、支合の午丑運は忌 ・喜忌の辰を冲、支合

する戌酉運は喜忌△ ・忌の午を冲、支合の未子運は

後は金土火を強める地支運は忌 木やを強める地支は喜

壬癸巡れば忌運 水だけ強める地支は命中では閑支

よって喜忌△とした。申は金も強め忌

もし伴侶がいれば 日支は伴侶で午 蔵干は丁で甲木を洩気

し戊己の忌財を増やす、紐の様なお方。

〇人生で一番良い時期 甲乙運上記の通り。

悪い時期 壬運上記の通り。

生きる目的は、稼ぎ使う事。晩年は忌財運 元享利貞時柱の

戊も忌財運で借財が残る結果となる 使いたいだけ使った結果

借財が残る・・・稼ぎ使う目的は達せられるが その後始末は

誰がする事になるやら・・・?

急ぎしたためました。和珞

( 子峰院 推命士・和珞 鑑定例 No7 )